夫や彼氏の風俗通いが発覚!許せる?許せない?その対処法について

目次

夫の風俗通いに悩む妻たちの声

恋人・夫婦仲相談所へは、夫や彼氏の風俗通いに関するご相談が後を断ちません。

またセックスレス中の場合は、自分とはしないのに、外では行為をしていたということで「裏切られた」と感じるケースも多くあるようです。

妻たちの声①「出張先での風俗利用

夫が仕事の出張先でソープやヘルスを利用していることが判明。結婚前から風俗嬢の名刺が出てくることがあり、さりげなく釘を刺してきたが改善されません。「浮気じゃない」と自分に言い聞かせていたが、夫が風俗嬢に「どこかで会えないかな?」とメールを送っていたことに怒りを感じると、夫は「付き合いもあるし、第一、妻である私の態度がそうさせた」と反論をしてきました。

妻たちの声②「風俗利用とサイト利用の発覚

夫が風俗やサイトを利用している様子が見られ、再婚相手の夫とは性欲が強く、交際初期は頻繁に関係を持っていました。妊娠や結婚後の喧嘩や別居時に風俗を利用していたようです。。話し合いの際に夫は浮気を認めず、今でも風俗利用の気配があります

妻たちの声③「風俗店のスタンプカードの発見

夫の財布から風俗店のスタンプカードが見つかり、特定の風俗嬢を毎回指名していることが判明。1ヶ月弱で14回も通っていることが分かり、頻繁な利用にショックを受けました。

なぜ風俗に通うのか?男性の心理

なぜ夫は風俗に行くの?

男性の中には風俗関係に興味を持つ人が少なくありません。結婚後もその趣味を続ける人もおり、この趣味は、性格の一部のように根深いもの。妻に対して変わらない愛情があっても、すぐには止められないことがあります。

また、家庭内でセックスレスの場合、特に夫の性欲を無視してしまっているケース、妻にだけ性的な魅力を感じづらくなった「妻だけED」のケースなど、満たされない性欲の捌け口としてお金で解決できる風俗で、お手軽にストレス解消をしようとなってしまうのです。

また、男性によっては「妻とはできないプレイ」を楽しみたいというケースもあります。

「風俗」にも様々な種類がある

ひとえに風俗といっても様々な種類があるので、その違いをぜひ頭に入れておきましょう。

1. ソープランド

ソープランドは、日本の風俗業の中でも最も歴史があり、広く知られているタイプです。客は入浴施設でリラックスし、女性スタッフが身体を洗ってくれるとともに、性的なサービスが提供されます。サービス内容は多岐にわたりますが、基本的には風呂場で行われることが多いです。

2. ヘルス(ファッションヘルス)

ファッションヘルスは、店舗型の風俗店であり、主に口や手を使った性的なサービスが提供されます。ソープランドとは異なり、挿入行為は行われません。料金体系は時間制で、指定された個室でサービスが行われます。

3. デリバリーヘルス(デリヘル)

デリバリーヘルスは、ホテルや自宅などに女性を派遣してサービスを提供する形態の風俗です。ファッションヘルスと同様に、挿入行為は行われませんが、口や手を使ったサービスが提供されます。派遣される場所は客の希望に応じて変わります。

4. イメクラ(イメージクラブ)

イメージクラブは、特定のシチュエーションやコスプレを楽しむ風俗店です。看護師や学生などの特定のキャラクターに扮した女性が登場し、役割を演じながらサービスを提供します。ファッションヘルス同様に挿入行為はありませんが、プレイの幅は広く、さまざまなシチュエーションを楽しめる場所です。

5. ピンクサロン(ピンサロ)

ピンクサロンは、主に口を使ったサービスが提供される店舗型風俗です。サービスは通常、店内のソファや椅子で行われ、時間制で料金が設定されています。個室ではなくオープンスペースでのサービスが特徴です。

6. ホテヘル(ホテルヘルス)

ホテヘルは、デリバリーヘルスと似ていますが、主にラブホテルを利用する点が異なります。指定されたホテルで女性が待ち合わせをし、部屋でサービスを提供します。内容はデリバリーヘルスと同様で、挿入行為はありません。

7. エステ

エステ風俗は、マッサージやリラクゼーションを目的としたサービスを提供する風俗です。通常のマッサージに加え、性的なサービスが含まれることが多いです。店舗型と出張型があり、店舗型ではエステティシャンとしての女性が対応します。

8. セクキャバ(セクシーキャバクラ)

セクシーキャバクラは、通常のキャバクラと似ていますが、性的なサービスが追加されています。女性とお酒を飲みながら、ボディタッチやキスなどのサービスが提供されることがあります。挿入行為はありませんが、より親密な雰囲気を楽しむことができます。

風俗通いが発覚した際の対処法

夫や彼が風俗に行った際の状況を把握

まずは、夫や彼が風俗に行った状況について探っておきましょう。

  • 具体的にどのような風俗に行ったのか
  • 夫が一人で行ったのか、会社の同僚と一緒に行ったのか
  • 一度だけだったのか、それとも何度も行っているのか

これによっても今後の対策が変わってきます。

SOSのサイン」と考える

風俗が発覚するとショックに感じる方も多いかと思いますが、パートナーからの「SOSのサイン」、そして「夫婦で性に関する話をするチャンス」と捉えて夫婦での話し合いを行ってください。

頭ごなしに風俗を利用したことを否定すると、彼はあなたの影で行動するようになるかもしれません。彼はあなたがデリヘルを良く思っていないことを知っているため、止められない気持ちを素直に言えず、あなたを悲しませたくないから隠しているのです。

「夫婦のセックスを今度どうするのか?」「ふたりの性欲をどう折り合いをつけるのか?」をこの機会に話し合ってください。

風俗通いは根が深い

風俗に絡む趣味は根が深く、100%打ち切ることが難しいこともあります。

夫の風俗通いで疑心暗鬼になっている場合には、改めて夫を100%信頼できる関係性を取り戻すために、まず夫気持ちを素直に打ち明けてくれる努力をしていくことから始めていきましょう。

話し合いのポイント

話し合う際には、夫を非難しないように言葉に注意し、まずは夫の止められない気持ちを聞くようにしましょう。その時は夫が止められないと言う決断に至る可能性も頭に入れておきましょう。もし止められない場合には、あなたが今後どうするのかも考えておく必要があります。

風俗通いにおける性感染症のリスク

風俗通いにおいては性感染症の危険性のリスクを伴うことを把握しておく必要があります。

もし夫が風俗を「軽い遊び」と考えているならば、そのリスクを夫に伝えることが重要です。

風俗に行ってほしくない理由を「妻の感情」だけでなく、「健康上のリスク」として説明することで、夫も理解しやすくなるでしょう。

性感染症は夫だけでなく、妻の健康も害する恐れがあります。自覚症状のない性感染症も多く、肝炎など一生付き合わなければならない病気にかかることもあります。この点をしっかりと夫に伝え、「本気じゃないからいい」という問題ではないことを話し合うことをお勧めします。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次