「膣オーガズム」を感じれない女性は多い?!女性がイク方法とは?

こんにちは、読者の皆さん。今日は女性のオーガズムについて深掘りし、クリトリスと膣内の感覚の違いやオーガズムを感じるための方法についてお話しします。多くの方がこのテーマで悩みを抱えているかと思いますが、この記事を通じて少しでも理解が深まり、悩みが軽減されることを願っています。

目次

女性のオーガズムの感じ方

まず、女性がオーガズムを感じる部分は主にクリトリスと膣内の2箇所に分かれます。

クリトリスの刺激は強烈で瞬間的な快感をもたらし、膣内の刺激は徐々に気持ちよさが増していくという特徴があります。

男性とは異なり、女性の快感の曲線はゆっくりと右肩上がりに進みます。

一度オーガズムに達しても、男性のように急激に快感が減少するわけではなく、少し減る程度です。そのため、刺激を続けることで再度オーガズムを得ることも可能です。

膣でのオーガズムについて

クリトリスでのオーガズムは得られるが、膣でのオーガズムを得られないという女性は少なくありません。まずは、自分だけがおかしいと考えないでください。そして、セックスは気持ちいいと感じてますよね?挿入されて気持ちよくなれることとオーガズムを得られることは別物です。

膣の感覚はとても鈍いため、クリトリスのように敏感に感じる場所ではありません。性経験が少なくても、経験が豊富でも、膣ではオーガズムを感じられない女性も大勢います。しかし、膣での刺激を脳内で増幅するように訓練することは可能です。セックスの際に感じるあらゆる刺激を敏感に感じ取り、それを頭の中で増幅させるようにしてみましょう。

オーガズムを迎える方法

パートナーと同時にオーガズムを迎えることにこだわる必要はありません。

愛し合っている二人なら、特に同時にいくことにこだわらなくても良いでしょう。

しかし、どうしても同時にいきたいという場合は、男性がリードすることで可能になることが多いです。最初はクリトリスへの刺激をしっかりしてもらい、気持ちよさが高まってきた時点で挿入し、同時にクリトリスの刺激を手でしてもらうようにしましょう。これにより、相談者さんがオーガズムになりそうな時点で挿入し、射精まで持っていくと同時にいくことも可能だと思います。

演技をやめることの重要性

パートナーに悪いと思ってオーガズムを演技している場合、それはやめましょう。

演技を続けると、パートナーは今のセックスで満足していると誤解してしまいます。結果として、本当に気持ちよくなることが難しくなります。愛撫の時間を長くしてもらい、全身を丁寧に愛撫してもらうことで性感が開発され、感じ方が敏感になることがあります。

フェロモンマッサージの効果と新たな性感開発

フェロモンマッサージという方法で全身をオイルを使ってマッサージすることで、感じなかった場所が感じるようになったり、オーガズムを体感できるようになる女性も多いです。

パートナーにお願いして、全身を愛撫してもらうのも良い方法です。また、濡れにくい時や挿入時に痛みがある場合は、ローションやゼリーを使用してみましょう。薬局や量販店で簡単に手に入ります。

精神的な解放の重要性

セックスにおける快感の重要な要素は、部位の刺激やこすり合いではなく、精神的な解放です。精神的な解放が得られた時のオーガズムは、その深さと大きさが断然違います。性器や体の相性ではなく、精神的な相性が大切です。

最後に、読者の皆さんが安全で愛のあるセックスで最高の快感を見つけられることを心から願っています。焦らず、自分自身の身体と向き合い、パートナーとの信頼関係を築きながら、新たな性感を楽しんでくださいね。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次