【お悩み相談】「俺は、ゆっくりできる時間がないのか?」旦那が休みの日に掃除を手伝ってくれない!

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

旦那が休みの日に掃除を手伝ってくれない

相談のお答えに、「男性は1人の時間が欲しい」と書いてありましたが、丸1日自分の時間が欲しいのでしょうか?

今日、旦那が休みなので、掃除を手伝って欲しいと言ったら、「俺は、ゆっくりできる時間がないのか?」と言われてしまいました。

確かに、子供もいてゆっくりする時間なんてない。幼稚園に行っている時間しか…。でも、力仕事の掃除ぐらいしてくれてもいいのに…とも思いました。正直、掃除機持つのも一苦労です。

結局、掃除は全部私がしました。その間、旦那は携帯をいじったり、新聞読んでいたり、タバコ吸いに行ったり…。子供が産まれてからもこの状態かと思うとやっていけるか心配です。それとも、私のわがままなのでしょうか?私は、自分勝手なのでしょうか?

(相談者:30代前半、ニックネーム:ハナちゃん)

恋人・夫婦仲相談所さんの回答

ハナちゃんさん、こんにちは。

ご相談ありがとうございます。

ご相談への回答

夫が家事や育児に協力的になるためのコツ

相談者さん、こんにちは。夫が普段から家事や育児にあまり協力的でない場合、協力的な夫に変えていくには少しコツが必要ですし、ある程度の時間も必要です。

まず、もし夫がゴミ出しやその他の家事で当たり前にしてくれていることが一つでもあったら、必ずそれに感謝の言葉を伝えてください。「それくらいやってくれて当然」という態度になってしまうと、男性は感謝されないことをやらなくなってしまいます。

感謝の気持ちを伝える

普段夫がごく自然にやってくれている雑用を頼み、それをしてくれたら大いに感謝の気持ちを表してください。男性に物事を頼む時のポイントは、タイミングを選ぶこと、命令するような態度や口調にならないこと、用件は短く分かりやすく頼むことが大切です。

拒否された時の対応

もし頼みごとをして夫がそれに対して応じてくれなかった時、快くその「NO」という返事を受け入れることが大切です。拒否された時、決して相手を責めず快く理解を示すと、次に何か頼みごとをした時には前向きな反応を示すようになります。

自分の要求を伝える

今回のことがあったからといって、自分の要求をこれから我慢する必要はありません。それでは夫が相談者さんがどうしてもらいたいのか、わからないからです。いずれのケースでも、あらかじめ夫から「NO」という答えもありえると心の準備を整えておく必要がありますが、それを受け入れるようにしておくと、夫に時間と心の余裕ができたときに協力の申し出をしてくれるようになる可能性は十分にあります。

感謝の言葉を忘れずに

もし夫がしぶしぶでも手伝ってくれた場合は、必ず感謝の気持ちを言葉で伝えてください。これが協力的な夫にしていく絶対不可欠の条件です。

頑張りすぎずに

相談者さんは、身重な体でよく頑張っていると思います。頑張り屋さんだから、夫が甘えているのかもしれませんね。しかし、夫も相談者さんを困らせようとして意図的に行っているわけではなく、気付いていないだけなのだと思います。

ここは、賢い妻を演じて、ちょっとした雑用をお願いし、少々失敗しても感謝して褒めながら、家事育児に協力的な夫に変身させていきましょう。そして、時には十分に甘えさせてもらう時間を作るようにお願いしてはいかがかと思います。

頑張りすぎず、体を大切になさってくださいね。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次