専門家が語る!令和のオトナ女子向け「フェムケア」虎の巻

前回の「セルフプレジャー」虎の巻に続き、今回は最近耳にすることが増えた、「フェムケア」や「デリケートゾーンのケア」。

フェムケアはした方が良いの?ケアの仕方はどうやるの?という疑問を、mimiレディースクリニック三越前院長 産婦人科専門医の干場みなみ先生と恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美先生のお二人に解説していただきました!

干場みなみ先生
mimiレディースクリニック三越前院長 産婦人科専門医

プロフィールを詳しく見る

日本大学医学部を卒業。2年間の研修医終了後は、日本赤十字社医療センターへ入職。当時東京一の分娩数を誇る病院であり、妊娠・分娩を中心に経験をつみ国立国際医療センター病院へ転職。腹腔鏡手術や婦人科がん手術等幅広いスキルを身につけたのち、不妊治療を専門とするリプロダクションクリニック東京へ。少子化を背景に、キャリアを持って働く女性が不妊に悩んでいる現状を目の当たりにする。働く女性が将来妊娠に対する不安や婦人科疾患に対して知るきっかけや相談できる拠点となれたらという思いから開業に至る。

三松真由美先生
恋人・夫婦仲相談所所長 / 執筆家

プロフィールを詳しく見る

夫婦仲、恋仲に悩む女性会員1万3千名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティを展開し20年以上夫婦仲アドバイスを続けている。性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。「セックスレス」「ED」「女性性機能」に詳しい。急激に伸びるフェムテック市場に乗り込むべく新会社Glad設立。日本フェムテック協会顧問。

目次

フェムケア・デリケートゾーンのケアはした方がいいの?

編集部:ずばりフェムケア・デリケートゾーンのケアはした方が良いのでしょうか?

みなみ先生腟の中は常に酸性に保たれています。外との交通があるので、雑菌が繁殖するのを抑える役割があります。また精子がアルカリ性なので受精の時の状態を良くするために酸性に保たれています。体の中では酸性という環境は珍しいんです。酸性の状態が崩れてくると雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

みなみ先生:陰部の洗浄を通常の石鹸で洗うと刺激が強くてピリピリしたり、乾燥したり。また洗いすぎると、アルカリ性のバランスが崩れて寧ろ雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。フェムケア専用のソープを使うと、腟周りの潤いをキープでき、またpH(ペーハー)のバランスを保てるというメリットがあります

真由美先生:腟周りの潤いを保つことって、お顔などのお肌と同様に大事ですよね。 

みなみ先生:そうなんです。腟の乾燥は雑菌の繁殖を誘発する恐れがあるので医学的にも良くないんです。オイルや美容液を使って保湿してあげるのはとても大事です。

真由美先生:産前と産後で腟周りって全然変わりますよね。産前は腟の入口周りの会陰部(えいんぶ)が特に硬いので、赤ちゃんを産む前には柔らかくほぐしてあげることで出産が楽になるというのは聞きますよね。

みなみ先生:妊婦さんの中には、オイルで会陰部をお風呂で伸ばしてあげながらマッサージされる方もいますよね。

真由美先生:私は産前だけじゃなくて、会陰部をほぐしてあげると性交痛が改善したり、腟内がしなやかになることで、”ラグジュアリー♡”なエッチがしやすくなったりするので、日頃からほぐしておいてあげましょうねというのをよく女子たちには言っています。

みなみ先生:そうですね。マッサージしてあげると、血流が良くなるので、子宮の冷え予防にもなります。

真由美先生:産んだ後は「もちの論で・・!」やらないとですよね。

みなみ先生:保湿をしっかりしてあげることで、傷の治りが早くなったり、綺麗に治りやすくなります。血流をよくするマッサージとセットで保湿をしてあげるのが良いかと思います。

真由美先生:わたしたちはよくお顔のスキンケア、ヘアケア、ネイルばっかりに気が行ってしまうけれど本当に大事なのはフェムケアよ〜!!

女性が知っておきたいFSDとは

編集部:フェムケアに続いて女性が知っておきたいこととして「女性性機能障害(FSD)」があります。まだ耳馴染みがない言葉ですが、これは一体どのような症状なのでしょうか?

真由美先生フィメール・セクシュアル・ディスファンクションのことですね。一般の女性はそこまで馴染みのない言葉かと思います。男性の勃起障害のEDは皆さんすごく知っているかと思われますが、女性にもFSDと呼ばれる症状があります。

みなみ先生:実際に外来をやっていて、パートナーはいるけど実際の挿入は実はしたことがない方、子供欲しいけれど性交渉はしたくないのでシリンジ法を試したいという訴えをする方がいらっしゃいますね。

真由美先生:そういった方がなぜできないのかというと、やはり性交渉をするのが痛いとか怖いと感じてしまうという、まさにFSDですよね。FSDと一言で言っても範囲は広くて、痛い・濡れない・性的欲求がないなど全てまとめてFSDに含まれます。何かこのような症状を感じた際には産婦人科の先生や恋人・夫婦仲相談所に相談してくだされば、「なぜできないか」を一緒に考えることができます。

みなみ先生:そうですね。過去の体験や恐怖心だったり、心から来るケースも多くある印象ですので、専門家や病院で相談してみることをおすすめします。


干場みなみ先生が院長を勤める「mimiレディースクリニック三越前」は、婦人科のケアから美容まで女性の悩みに寄り添うことがコンセプト。干場みなみ先生のお人柄含め、洗練された落ち着きのある居心地の良いクリニックです。

◾️mimiレディースクリニック三越前

東京メトロ日比谷線/都営地下鉄浅草線「人形町駅」徒歩5分

JR在来線「新日本橋駅」徒歩5分

東京メトロ銀座線/東京メトロ半蔵門線「三越前駅」徒歩6分

清潔感のある入口
まるでサロンのような洗面台
mimiレディースクリニック三越前 -
中央区・日本橋|mimiレディースクリニック 三越前|不妊治療・ピル処方 - mimiレディースクリニック三越前 東京都中央区の「mimiレディースクリニック 三越前」は、婦人科・美容皮膚科を掲げています。産婦人科専門医の女医が診察します。当院は、一生通えるクリニックとして、年...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次