旦那や彼氏が早漏の方必見!ベッドでの楽しみ方と早漏解消法

「(パートナーが)早漏で物足りない!」や「脱毛するより先に早漏を直せ!」などと早漏であることを揶揄される一方、「苦痛から解放できる」「早く終わるから好きなことができる」と肯定的ともとれる意見も耳にします。

ここでは、否定的な意見に耳を傾け、なぜ早漏になるのか、早漏によるネガティブポイント、早漏解消法について、また早漏であっても夫婦のベッドタイムを楽しむ方法について記していきます。

早漏の夫(彼)で悩んでいるあなたにとって、必見の内容となりますので、是非メモ帳とペンを用意して最後まで読み進めてください。

✔️ 本記事を書いた人

瑞樹晃(みずき ひかる)

女性への性の悩み相談室運営。
この20年間で10,000名以上の悩み相談を受け解決に導く。
夫婦仲相談所とは、10年以上前のメディア共演がきっかけで現在に至る。
この世に生命を受け、そして一緒になった夫婦がストレスなくイキイキとかつ伸び伸びと過ごすことができる環境作りのお手伝いを使命としている。

目次

早漏の定義とは・・・

そもそも「早漏」に明確な定義は無い!

早漏は、個人差があり、正式な時間は決まっていませんが、一般的には膣内へ挿入後1~3分程度で射精をすることと言われています。

私のお客様からいただく早漏に関する悩み相談では、多くが5分以内の射精であり、女性側の身体が温まるスイッチも入らないため気持ちよさもなく、「もう少し長く愛してほしい」と感じている方が多くいます。

周囲の知人男性約50名(既婚未婚問わず30~50代)に聞いたところ、射精までの平均挿入時間は1時間ほどであることから、一般男性と比較をすると、「5分以内」というのは短いことがうかがえます。

勿論、時間が全てではありませんが、「接すれど漏らさず」と昔の偉人の言葉にあるように、射精することをできるだけ我慢して長時間かけゆっくり女性を愛することで双方ハッピーかつ、心身共に健康であり続けることに繋がると感じています。

なお、過去約100名の女性へのアンケートでは、希望している平均挿入時間は20~30分との結果となりました。

皆さんの膣内希望挿入時間はどれくらいでしょうか?

なぜ早漏になるのか?

答えはズバリひとつ!

私が思うに単純に男性の「射精コントロールができない」こと。ただそれだけです。

背景としては、

・異性とのコミュニケーション不足

・マスターベーションの感覚との違い

・射精第一主義とする一方的な男性本位のセックス

などが挙げられますが、共通していることとしては、精神面に加え肉体面での感覚が敏感過ぎるため、全くコントロールすることができずに射精をしてしまうということです。

異性とのコミュニケーション不足

特にここ10年程でしょうか、「草食系男子」というワードを耳にします。異性と触れ合わないことが当然のこととして認知され、性的な行動にうつすことを非と捉えている男性も少なくありません。

触れ合うタイミングがない状態に慣れてきたことから、女性の押しに負けていざベッドの時間となった時に、カップ麺が完成する前に果てて終了という結末を迎えます。

マスターベーションの感覚との違い

青年期をマスターベーションで過ごしてきた男性から、初めての彼女との失敗エピソードを聞いたことがあります。

初めての彼女ができてホテルに行き、シャワーを浴びてベッドへ移動したときには爆発寸前になっており、彼女にお口で愛してしてもらおうと、指でペニスを支えてもらった瞬間にヤクルト1本分程度の精液を顔中にかけてしまい、その後、精神的影響もありホテル滞在時間中に機能することなく帰路につきました

特に、20~30代までの男性の場合、敏感性早漏と言って、この男性のような状態になる方も事実少なくないと言えます。

そうならないためにも、男性は、「射精コントロール」が身につけること、その結果、妻や彼女との関係に良い影響を与えることができ、自分に自信を持つことやストレスの回避に繋がると確信しています。

早漏であるがゆえの女性側の不満とは?

早漏のパートナーを持つ女性はどのような不満を抱えているのでしょうか。

私のお客様からいただいた意見として、以下の3つの事例を挙げさせていただきます。

①セックスが早すぎて私は愛されていないのかな? 

<30代前半M様

セックスの頻度は月に1~2回あるけど、とにかく早すぎて終わった後は寂しい気持ちになってしまいます。

夫がワインを飲んでいる時が夫婦の営みのサインで、ベッドでの時間はトータルでだいたい3分くらい。

お酒を飲んでいない時はそもそもエッチモードになりません。

セックスの時間が短くて私はもう愛されていないのでは、と心から不安になってしまいます。

レスでないだけまだましだよ、と信頼できるママ友には言われるけど、正直セックスで気持ちよくなりたいし、潤いのないまま干からびていくのは嫌です。

挿入だけにこだわっているわけではないので、時間をかけて愛されていることを実感したいです。

②私は貴方のオナニーの道具ではない! 

<30代後半Y様>

お互い会社勤めをして疲れて深夜帰宅しそのまま就寝。

翌朝、いきなりパジャマの下とパンツを脱がせられ、濡れていないのにそのまま後ろから挿入。

ただ耐えるだけの苦痛の時間が3~5分。

ティッシュで拭いてもくれず、おしりにちょっとドロッっとしたものがついた状態のまま、本人はスッキリとした表情で行ってきますと玄関を出ていく。

夫婦でゆっくりできる日の夜も、フェラの際に後頭部を押さえつけられて1分後には口内発射されている状態。

結婚前は時間をかけて愛してもらっていたのに、今は全くの別人。

一人の女性として、夫が早漏であることは悲しいけれど、それ以上に私は貴方の射精専用器具ではない、道具扱いをしてほしくないと声を大にして言いたい。

③「夫が早漏で物足りない。浮気をしたくなる・・・」 

<50代A様>

今でも本当に浮気したくなります。

同世代ではレスの夫婦が殆どと雑誌に書いてありましたが、うちはそれでも月に1度はコンスタントに関係を保っています。

ただ、入れて長くて3分、モヤモヤしか残らなく、女性ホルモンの分泌を促す以前の問題と認識しています。

そのため、会社の同僚と浮気の関係を結んでしまいました。

会社の同僚は私をイカせてくれることを優先してくれますが、社内で噂が立ち同僚との関係を終了したばかりです。

そして現在、外注(女性向け風俗)を継続しています。金銭の授受が発生しているので浮気ではないのかもしれませんが。

私としては夫とただ触れ合っていたいだけなのに。

このように、夫が早漏であることによる妻側の不満やストレスは計り知れないものがあります。ストレス過多で不満が爆発しそうな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結果、浮気や不倫に走る女性も少なくないため、トラブルと化してしまうケースがあります。トラブルという点においては、ドラマ「昼顔」のような結末、また、現在放送中の「あなたがしてくれなくても」のような関係になる可能性があることも想定しておく必要があります。

また、欧米においては、早漏は重大な性機能障害であるとして、離婚の理由に認められているほど、大きな問題として扱われています。

そのため、早漏の夫や彼を持つ女性は「早漏を直してほしい」と切実に願っているのです。

セックスは夫婦や彼氏彼女の大事なコミュニケーションと言えます。この大切なコミュニケーションがたった数分で終わりを迎えるのは非常に悲しく残念であり、女性として悔しい気持ちになるでしょう。

果てた後も何度も激しく愛し合っていたあの頃に戻ることは不可能なのか、夫の肌に触れたままオーガズムを感じることができないのか、そのようなことを考え、心が荒んでしまいそうになる方もいらっしゃることでしょう。

でも、安心してください。早漏でも楽しめますから!

ここからは、その具体的な方法についてご紹介していきます。

彼氏や夫が早漏でも工夫次第でセックスを楽しむことができます!

早漏を根本的に治す方法については後述しますが、たとえ早漏の夫や彼であっても、工夫次第で2人で素敵な時間を楽しむことが可能となります。

肌を重ねながら会話をしよう!

肌を重ねることだけでも計り知れない陽のパワーが!

まずは2人の時間を作ることから始めていただき、脱衣の状態で横になりながら肌と肌を重ね合わせてください。

抱きしめ合う体勢がベストですが、片腕が痛くなることがあるため、片方の手は相手の胸や腕に触れる程度でよいでしょう。

その状態で日常の会話をしてください。

例えば、「次の旅行はどこに行こうか」、「次のお休みは何を食べに行こうか」など、耳元で囁きながら前向きな会話をし続けてください。

ただこれだけです!

早漏の男性にとっては、触れ合いながらも会話を重ねることで緊張が緩和され、精神状態が落ち着いてくることで射精のための挿入に一時的でもストップが入ります。

それでもすぐに挿入を求めてくるのであれば、あなたが上手に焦らしてください。うまく焦らすことができない場合は、力づくでも夫(彼)を再度横にしていただき、相手の表情をじっと見つめ両手でペニスを優しく包み込んでください。ただ触れるだけで十分です。おそらくペニスが膨らみ硬くなっていくでしょう。

時間の経過とともに緊張が解れていき、包み込んでいたペニスが柔らかくなっていったら、次は背中やおしりへ向けてフェザータッチをすることを繰り返してください。

波に揺られているようなゆったりとした2人の時間を楽しむことができるでしょう。

ONLY前戯DAYを必ず作ろう!

セックスは挿入がすべてではありませんし、射精がセックスのゴールではありません。

前戯を行わなくてもセックスが不可能ではないことを皆が知っていますが、早漏であれば前戯はなおさら必須といえるでしょう。

そもそもセックスは挿入あってのものではなく、挿入にこだわらない、挿入しないセックスというものを楽しんでみることを強くお勧めします。

具体的には、キス・愛撫・クンニリングス・フェラチオが挙げられますが、これら前戯だけの日を必ず作ってください。

キスを長時間する、全身をフェザータッチでゆっくり愛撫する、クンニやフェラチオを10分以上絶対にする、と決めるだけでも、早漏の定義に記した時間以上過ごすことが可能となります。

ただ義務的・事務的にするのではなく、相手を想い心を込めて愛でることでお互いの愛情が深まり、セックスを楽しむことができるようになります。

これは、私自身も経験したことがありますが、相手の鼠径部の脈拍を感じ取ってみるなど様々な発見や気づきがあり、次はもっともっと女性の神秘を探っていこうという気持ちになることが可能となります。

特に早漏の男性にとっては非常に有効的なものと言えるでしょう。

早漏は治せるの?

ズバリ治ります!

じつは、男性の私も10代のころは15分程度でしたが、「射精コントロール」が可能になったことで、20代以降は最低でも1時間~6時間(MAXでは12時間)になりました。

あなたの夫(彼)が射精コントロールを完全にマスターできなかったとしても、以下項目を徹底することで、必ず早漏を克服することができます。

早漏克服と言っても、長ければ長いほうがいいという話ではありません。長時間の挿入により痛みを伴うケースもありますので、男性側の「射精コントロール」がどうしても必要となります。

ここで大事なことは、失敗したとしても何度もトライするということです!

幼少期の自転車運転のための訓練を思い出してください。最初は真っすぐに運転できなくて転んでも起き上がり練習を重ねることで、うまく運転することができるようになったことと同じように、射精3分から5分へ、そして5分から10分へ、10分から30分へと必ず良い方向に変化していきます。

「早漏を治す=射精コントロール」をすることを第一として、簡単にできる早漏改善方法を含め以下6点挙げさせていただきます。

読者の皆様は是非、夫(彼)に伝え、実践してもらいましょう。

早漏の治し方

①極厚コンドームの使用

市販されている0.1㎜のスキン着用(生感覚0.01㎜の10倍の厚さ)にて長時間のセックスが可能となります。

二重スキン(コンドームを2枚重ねること)が知られているが、スキン破損やペニスからの脱落が起こりやすいため、お勧めはしていません。

②挿入時になるべく動かない

挿入時になるべく動かさず刺激を減らすことで、勃起状態をキープし長時間のセックスが可能となります。

しかしながら、完全に動かさない、いわば”挿入地蔵状態”を続けると、世の中の男性のほぼ100%が萎えてしまいます。

なので、最初は1ストローク30秒、次は1ストローク1分と時間をかけて訓練をしてもらいましょう。

もし途中で萎えてしまった時は、一度挿入を止めて再度挿入し静止する、これを繰り返すことでトータルの挿入時間が長くなり二人の密な時間が深まっていきます。

③アルコールの摂取 

感覚を鈍らせることで長時間のセックスが可能となります。また「パートナーに早漏と思われたくない」といったプレッシャーや緊張感もほぐれます。

ただし飲み過ぎてしまうとそもそも勃たなくなることもあるので、摂取量をコントロールする必要があります。

ここまでが一般的にも知られている早漏の対策となりますが、実際に実践できている人は多くありませんので、夫や彼をうまくリードしてあげてくださいね!

感覚を鈍くさせるという点で、「①極厚コンドームの使用」と「③アルコールの摂取」を組み合わせることで、ある程度の早漏対策が可能となります。

けれど、場合によっては、途中で萎えないようにするために、激しいピストン運動を取り、その結果、早い時間での射精となり、再び自信喪失に繋がるという負の連鎖に戻ってしまう事があります。

そうならないためにも、ここからは追加で覚えておいてほしい対策をお伝えしますね。

④体位変化 

体位に変化をつけることは、早漏対策に最もオススメで効果絶大のものとなります。

今回は、2つのおすすめの体位をご紹介します。

a:蹲踞(そんきょ)正常位

私が20年以上実践しているものになり、男性が誰でもできる確実な早漏対策であり、女性の気持ちよい状態が続きオーガズムに達しやすくなります。

蹲踞正常位(筆者手書き)

具体的には、通常正常位(相手の反応を見ながらゆっくりと)で射精しそうになったら、蹲踞正常位へと体位を変えて継続をします。

蹲踞の姿勢

剣道や相撲のように、尻を地面につけずうずくまって座る姿勢になります。こうすることで大腿四頭筋負荷大による苦痛の狭間とセックスの気持ちよさの狭間を体感することができ、気が付いたら長時間の挿入が可能となっています。

勿論、個人差がありますがこれだけでも最低10~30分は可能となり、女性の両足を夫(彼)の肩にかけることで奥までしっかりと挿入することができます。

蹲踞正常位にて苦痛が増してきたら、次に背位(バック)へ体位を変えて継続をしてください。

b:黙想後背位(バック)

次に、夫(彼)にバックに体位を変えて目を閉じてもらってください。

この時、男性側が意識を全く別のことに向けること(黙想)が重要です。

頭で全く違うことを考えるために、たとえばエアーギターやエアードラムをして「ながらバンドマン化」することでさらに長時間の挿入が可能となります。注意点として、前を向いているあなたの後ろで目を閉じながらエアードラムやエアーギターをしている夫(彼)の様子を絶対に見ないようにしてください。

エアバンド活動に集中してもらうことで、結果長時間の挿入が可能となります。

⑤骨盤底筋トレーニング

射精をコントロールする筋力が弱まっている方に効果的な方法です。

加齢や運動不足により、射精を抑える筋肉である「射精管閉鎖筋」の衰えが早漏を引き起こしている場合があります。

骨盤底筋(肛門や尿道をコントロールする筋肉)を緩めたり閉めたりすることで筋力を鍛える方法です。

⑥リラックスグッズの活用

アロマオイルを使用することで心身ともにリラックスすることでき、早漏対策にもつながります。

男性の筆者のおすすめとしては、イランイラン・ジャスミン・ネロリの香りがお勧めです。

早漏の夫や彼氏との向き合い方は?

早漏であることを自覚している男性のコンプレックスは計り知れません

頑張って長く保たせようと意気込んでも失敗することがあります。毎回ベッドを共にするたびに精神的にも肉体的にも凹んでしまい、2つの意味で立ち(勃ち)直れなくなることもあります。

結果、気にしすぎてEDになってしまった人もいるほど、早漏は人生に大きな影響を及ぼす問題であると言えるのではないでしょうか。

そのため、あなたがすべきことは、夫(彼)に優しく接すること、そして絶対に文句は言わないようにしてください。

例えば、「大丈夫、心配ないわ」、「またゆっくり時間をかけていこうね」、「淫乱と思われるのが嫌で言えなかったけど、こうやって繋がることができるだけでも嬉しいわ」など。

小さな一言がデリケートな男性の心に突き刺さり、それが深い根となり何年も立ち直れなくなることもあります。

女性の美の追求を阻害するものが早漏であると考えたとしても、どうしても伝えたいのであれば、

「もう〜(笑)でもこの前より長いから嬉しい~、本当にありがとう」と感謝の気持ちを込めながら、やや冗談ぽく可愛く言ってみるとよいでしょう。

コミュニケーション

早漏で助かっているという意見もありますが、私自身としてはやはり愛し合っている夫婦のコミュニケーションの一つとして、お互いが果てるまで紡ぎ合ってほしいと思っています。

非常に重要である反面、女性の方からなかなか切り出せないテーマですが、夫婦間(カップル間)でどんなセックスがしたいかについて一度話し合うことをおすすめします。2人で話すことができるからこそ、より良好な関係がこれからも築いていけると考えます。

夫(彼)が早漏で本当に悩んでいますという方は、セックスについてお互い話す機会を設けてみてください。

セックス=挿入・射精がすべてでない!

セックス(性行為)は2人のコミュニケーションであり、肌に触れ合うこともセックス、お互いを見つめ合うこともセックスと言えるでしょう。

多くの男性はセックスという行為は男性が射精をして終了するものと思いがちですし、特に早漏で悩んでいる男性はその射精をできるだけ長くコントロールしようと焦る気持ちが異常に強く、ネガティブな自分だけの世界を作ってしまいがちです。

そうではなく、お互いが心から気持ちよくなることに重きを置き、前述しましたように、射精にこだわらない2人の触れ合いを重視したベッドタイムをゆっくり時間をかけて楽しみましょう!

恋人・夫婦仲相談所について

恋人・夫婦仲相談所では、パートナーとの関係改善に関する情報発信と相談受付を行なっております。

誰かに相談したい、解決に向けてきっかけがほしい方は、ぜひ匿名でお悩みを投稿できる「みんなの掲示板」(月額500円)へお気軽に投稿してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女性への性の悩み相談室運営。
この20年間で10000名以上の悩み相談を受け解決に導く。
夫婦仲相談所とは、10年以上前のメディア共演がきっかけで現在に至る。
この世に生命を受け、そして一緒になった夫婦がストレスなくイキイキとかつ伸び伸びと過ごすことができる環境作りのお手伝いを使命としています。

目次