【お悩み相談】「忘れられない動画が私を苦しめ続ける」— その繰り返しを断つ方法とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。

ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。

※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

前回までのご相談

以前、夫の不倫相手に対する恨みや憎しみの気持ちが収まらないという相談をさせていただきました。

夫の不倫相手への恨みが消えない理由

以前、夫の不倫相手に対する恨みや憎しみの気持ちが収まらないという相談をさせていただきました。回答やおとなりさんからのメッセージもいただき、その件に関しては自分なりに気持ちの持ちようが変わり、随分助けられて感謝しています。

忘れられない動画の存在

ただ、前の相談に書かなかったのですが、ある一つの事がどうしても私を苦しめ続けています。それは、夫の携帯にあった相手とのラブラブなメールのやりとりと、お互いが裸になってベッドでイチャイチャしている動画映像です。

動画のショックとその影響

特に動画ですが、それを見た時のショックは大変なもので、その日から今まで1年半程経ちますが、毎日毎日頭の中をその映像が流れます。どんなにしてもその映像は消えることがなく、常に頭のどこかにあります。

恨みが消えない理由

相手への恨みがなかなか消えないのは、その映像が原因だと思います。その忘れられない動画が、立ち直ろうとする私の気持ちに歯止めをかけてしまうのです。

精神的な影響と治療

精神的にもあまりのショックだったため、心療内科にかかり薬も数種類飲み続けて1年経ちました。だけど、もうこれで大丈夫という明るい気持ちになれると、またしばらくすると動画が出てきて落ち込むという繰り返しをしています。

繰り返しを断つ方法

このような繰り返しをどうしたら断つことができるでしょうか?

ご相談への回答

浮気のショックから立ち直るために

相談者さん、こんにちは。恋人・夫婦仲相談所です。

浮気のショックは非常に辛いものです。特に携帯で浮気の画像や動画を見てしまった場合、その映像が頭から離れないこともあるでしょう。ここでは、そんな辛い状況を乗り越えるための方法をいくつかご提案します。

浮気の証拠を見ないようにする

まず、浮気の証拠となる画像や動画を見ないようにすることが大切です。これらの映像は非常にショッキングで、頭に焼き付いてしまうことが多いです。見ないようにすることで、少しでも心の負担を軽減しましょう。

離婚を考えるか、耐えるか

次に、離婚を真剣に考えるか、今の状況を耐えるかを決める必要があります。離婚を考えることは簡単ではありませんが、信頼が完全に失われている場合、真剣に検討する価値があります。

子どもに話す

お子さんがいる場合、今回の件について話すことも重要です。どれだけ辛い思いをしているかを理解してもらうことで、少しでも心の支えになるかもしれません。ただし、子どもにとってもショックな話題であるため、慎重に話すことが必要です。

自分の感情を整理する

夫のことを考えないようにする、愛する感情を一時的にでも無くすことも一つの方法です。これにより、浮気の映像が少しずつ薄れていくかもしれません。

自分の精神面を守る

最終的には、自分の精神面を守ることが最も大切です。どちらの選択をするにしても、自分が耐えられる範囲で行動することが重要です。耐えられなくなるまで頑張るのではなく、早めに相談することも考えてください。

相談者さんが少しでも心の平穏を取り戻せるよう、心から願っています。どんな選択をするにしても、自分を大切にしてください。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次