【お悩み相談】「変わらない彼と堂々巡りの気持ち」から抜け出す方法とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。

ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。

※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

前回までのご相談

彼との関係が4年間変わらず、堂々巡りの気持ちに悩んでいるという相談をさせていただきました。

彼との関係に悩む日々

回答ありがとうございます。仰ることは全て理解しています。この状態で既に3年は経過していますから。

変わらない彼と堂々巡りの気持ち

結局、変わるつもりもない彼と堂々巡りの私の気持ち。ただ、そう簡単に決意できないのが恋愛だと思います。

努力の限界と悩み

努力のしようがないと言われてしまえばそこまでですよね。もう思い悩まないことにします。

決断できないから悩む

決断できないから悩むのであって、同じような経験を持つ方やアイデアをいただきたかったのですが。

ご相談への回答

恋愛の悩み:距離を置けない関係について

相談者さん、こんにちは。恋人・夫婦仲相談所です。

恋愛において、ずるずると続く関係は誰にでも一度は経験があるものです。一度恋愛感情を持ってしまうと、第三者に何を言われてもなかなか改善することが難しいですよね。

男性の心理:恋愛を続ける理由

男性の立場からお話しすると、相手が好意を持ってくれている間は、こちらから関係を終わらせようとは思わないことが多いです。もちろん、男性側が「この恋愛はもう難しい」と感じたときには別れを切り出すこともありますが、そうでない場合はそのまま関係を続けてしまうことが多いです。

遠距離恋愛と自然消滅

例えば、遠距離恋愛の場合、特に学生時代に学校が変わったり、親の転勤で住む場所が変わったりすると、疎遠になりがちです。その結果、愛情が少しずつ薄れていき、新しい出会いで毎日会う人に惹かれてしまうこともあります。遠距離で疎遠になると自然消滅するのは、こういった理由からです。

男性の変化への抵抗

男性は変化をできるだけ緩やかにしたいと思う傾向があります。心地良い関係を続けたいという気持ちが強いのです。結婚適齢期になっても、意外と焦ることなくそのまま過ごしてしまうこともあります。

彼に決断を促す方法

男性は真剣に要求を伝えられないとなかなか動かないものです。もし彼が決断できないことが悩みなら、彼に決断の材料を提供してあげてください。彼が理解できないから悩むのであって、彼の考えが理解できれば、決断もできるはずです。

彼の態度と決断のチャンス

今回の彼の態度をお聞きする限り、彼も「このままではいけない」と思う部分と「このままでもいい」と思う部分があるのではないかと思います。ですから、彼も決断できずに辛いのかもしれません。

環境の変化と再考のタイミング

ずっと同じ環境にいると、お互いに遠慮したり、深く考えないようにしたりしますが、結局「このままでいいのか」と思ってしまうものです。そうしたときは決断のチャンスです。時間を決めて様子を見るのも一つの方法です。

年齢とともに変わる考え方

男性も年齢を重ねると考え方が変わってきます。若いときは彼女がどこで何をしているか気になっていた人も、年齢とともに変わってきます。しかし、それは相手のことが嫌になったわけではなく、自分も同じだから相手にも同じことをしたいと思うだけなのです。

相談のすすめ

相談者さんと似た経験を持つ方もいるかもしれませんので、他の人にも相談してみると良いかもしれません。よろしければ、そちらでも相談してみてください。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次