【お悩み相談】「別れたら俺の所においで」…彼との同棲と将来の不安に揺れる心

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

彼との同棲と将来の不安について

彼と同棲して一年ちょっとになりますが、彼はまだ妻と離婚していません。それでも彼は私と一緒にいます。

転勤の話と彼の落ち込み

今月の21日に彼が転勤になり、一緒に来てほしいと言われました。その時、彼は酷く落ち込んでいて、そばで支えていきたいと思いました。

不安と将来の考え方の変化

しかし、毎日考えていると少しずつ考え方が変わってきました。これから誰も知らない場所での生活に不安を感じ、今後のことを考えると、いつ彼が離婚するか分からないため、別れた方がいいのではないかと思うようになりました。

別れのタイミングに悩む

同棲しているため、どのタイミングで別れを言えばいいのか悩んでいます。将来を考えると、この人ではないと思うのに、別れるのが怖いです。相手を考えるとかわいそうだと思ってしまいますが、自分が傷つくのが嫌なのかもしれません。

他の男性の存在

彼の他に、事情を分かってくれている男性がいます。その男性は「別れたら俺の所においで。待ってるから。君のことを支えたい」と言ってくれて、待ってくれています。

別れを告げることができない

しかし、彼に別れを告げることがなかなかできず、どうしたらいいのか分かりません。時間もないのに、切羽詰まっています。

このような状況で、どうすれば良いのかアドバイスをいただけると助かります。

ご相談への回答

彼の突然の転勤にどう対処すべきか

こんにちは、相談者さん。恋人・夫婦仲相談所です。

彼の突然の転勤に驚かれたことでしょう。時間がない中で今後のことを決めるのは大変なことですね。しかし、冷静に彼の行動を判断されていることに感心しました。

離婚が成立しない理由と彼の行動

彼の離婚がなかなか成立しない理由は明確ではありませんが、過去の相談内容から見ると、彼が離婚に向けて積極的に行動しているようには見えません。このままでは、関係がずるずると続いてしまう可能性が高いです。

彼の転勤をチャンスに

彼の転勤は、関係を見直す良い機会かもしれません。彼を傷つけたくない気持ちも理解できますが、相談者さんの中で気持ちが決まっているのであれば、早めに伝えることが大切です。

別れを伝える方法

もし、はっきりと別れを告げるのが難しい場合は、「きちんと離婚が成立しなければ一緒にはいられない」と伝えるのも一つの方法です。彼がかわいそうだと思う気持ちもわかりますが、相談者さんの人生ですから、自分の幸せを第一に考えてください。

新しい関係に進む前に

また、「オレのところにおいで」と言ってくれる男性がいると心強いかもしれませんが、本当に好きでなければ進まない方が良いです。「この人じゃないな」と思ったときに、今と同じように別れるのが大変になってしまいます。

自分の気持ちを偽らないことが大切

今回の場合、相手にとって都合の良いことを言うのが優しさではなく、自分の気持ちを偽らないことが本当の意味での優しさです。彼は奥さんと離婚することなく、関係を曖昧にして相談者さんと一緒に暮らしてしまいましたが、彼自身も自分と向き合う時間が必要だったのではないかと思います。

勇気を持って結論を伝える

勇気を出して、相談者さんの結論を彼に伝えてください。自分の気持ちを大切にし、幸せな未来を築いていきましょう。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次