【お悩み相談】「旦那に戻ってきてほしい」けど、彼女との一晩を許すべき?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

前回までのご相談

数日前に恋人・夫婦仲相談所さんに相談し、毎日の喧嘩でお互いに言いたいことをぶつけ合っていた状況を改善しようと決意しました。自己啓発の本を読み、前向きに半年間様子を見ようと考えました。旦那を自由にさせつつ、居心地の良い家庭を作る努力をしているという相談をさせていただきました。

旦那との関係改善に向けた取り組み

数日前に恋人・夫婦仲相談所さんに相談した後、毎日の喧嘩でお互いに言わなくていいことまで言い合っていた状況を改善しようと決意しました。

自己啓発の本を読み、前向きに半年間様子を見ようと考えました。旦那を自由にさせつつ、居心地の良い家庭を作る努力をしています。

旦那の行動と私の気持ち

旦那は別の部屋で寝始めましたが、「行ってきます」と「おやすみ」のキスは私から続けています。彼女とは電話しているようですが、あえて気にしないようにしていました。

しかし、「来週泊まりで出かけていい?」と穏やかに切り出され、早くも耐えられそうになくなっています。苦しいです。

旦那との関係をどうするべきか

別れたくないし、旦那に戻ってきてほしいですが、旦那と彼女が一晩過ごすのを寛大な気持ちで受け入れられません。自由にすると言ったから許すしかないのでしょうか。

私が何なのか悲しくて仕方ありません。旦那とはもうやり直せないのでしょうか。

ご相談への回答

夫の外泊に悩むあなたへ

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。

相談者さんの辛い気持ち、よく伝わってきました。夫から外泊の許可を求められると、誰でも苦しくなりますよね。無理に我慢せず、今の気持ちを夫に伝えてみてはいかがでしょうか。

夫に気持ちを伝える方法

まず、責める口調は避けましょう。責めてしまうと「自由にしていいと言ったじゃないか」と、相談者さんの気持ちが伝わりにくくなります。

例えば、「あなたに自由にしてもらおうと思ったけれど、他の女性と一晩過ごすと考えただけで、苦しくて悲しくて、心がちぎれそうなの」と伝えてみてください。夫が亭主関白な傾向がある場合、決定権は夫にあるというスタンスを保ちながら、今の気持ちを伝えることが大切です。

感情をぶつけずに理解を求める

ケンカになると感情が爆発しがちですが、本当は自分の気持ちを理解してもらいたいのですよね。これからは感情をぶつけるのではなく、どうしたら理解してもらえるかを考えてみましょう。

そのためには、夫の気持ちを理解することも欠かせません。前回の相談で、夫がどう思っていたか気づいたことがあったとおっしゃっていましたね。そのことについても、ちゃんと謝りましょう。

例えば、「あなたが一生懸命手伝ってくれたのに、お礼も言わずにごめんなさい。今だから言うわけじゃないけど、あのときは本当に助かってたし、あなたと結婚してよかったってとても思ってたのよ」とか、「これまでいかにあなたのプライドを傷つけていたか分かりました。本当にごめんなさい」と伝えてみてください。

信頼関係を再構築する

これまでの間に崩れてしまった信頼関係を一から作り直すつもりで、丁寧に関係を作っていってください。週末に間に合わないかもしれないと不安になるかもしれませんが、きちんと言葉で伝えること、それを継続することが大事です。

今できることをやってみてください。応援しています。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次