【お悩み相談】同棲1年の彼のクローゼットから大量のAVを発見しました

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

付き合って2年、同棲1年3か月の悩み

付き合って2年、同棲して1年3か月になります。付き合い始めた頃は、毎日のように求められていました。彼は「もうAVを見る必要がない」と言って、20枚ほどあったDVDを私の弟にあげました。

しかし、1年ほど前から回数が減り、平均して10日に1回か1週間に1回程度になりました。何度か話し合いをしましたが、彼は「仕事のストレスが違う」「精力はあるけど体力がない」「私の雰囲気作りが下手」「寝る前の一言でテンションが下がる」などと言います。彼は「飽きたわけじゃない」とも言っていました。

クローゼットから大量のAVを発見

半年前、クローゼットから大量のAVを発見し、喧嘩になりました。彼は「友達に借りたけど見ていない」と言いました。私は「見るのは良いけど、私とSEXしないのにどうして見る必要があるの?」と問い詰めました。

その後も一度、「最近精力ないの?」と聞くと、彼は「レンタル屋で借りてるよ!だから精力はあるよ」と答えました。「お前が夜遅い時など寂しい時に見たくなる」とも言いましたが、「もう見ない」と約束しました。

再びAVを発見

今日、CDボックスに10枚ほどのAVを発見しました。彼は隠しているつもりはないと思いますが、私は何も話していません。回数が少なくて悩んでいるのに、彼は本当に精力があるのかないのか、男だから仕方ないのかと感じています。何か寂しいです。

恋人・夫婦仲相談所さんへの相談

このような状況で、彼との関係をどう改善すれば良いのか、恋人・夫婦仲相談所さんに相談したいと思います。

ご相談への回答

夫がアダルトビデオを見る理由とは?

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。相談者さん、パートナーとの関係で悩んでいるようですが、まずはお二人が続いていることが何より大切です。

アダルトビデオを見る理由

夫がアダルトビデオを見ていることに悩んでいるとのことですね。男性なら誰しもが興味を持つものであり、頻繁でなくても見たくなることがあります。しかし、アダルトビデオを見るからといって、性欲が強いとか、妻に飽きたというわけではありません。単純に「見たいから見る」ということが多いのです。

責めるのは逆効果

夫がアダルトビデオを見ていることを責めるのは、お門違いです。夫からすれば、責められる筋合いはないと感じるでしょう。そのため、責めることで関係がぎくしゃくしてしまう可能性があります。

一緒に楽しむという選択肢

むしろ、相談者さんが一緒にアダルトビデオを見るという選択肢もあります。夫が喜ぶかもしれませんし、二人の愛を深めるきっかけになるかもしれません。隠している夫の心境も複雑ですし、見つけてしまった相談者さんもどうしていいか悩むより、お互いがすっきりする方法を考えてみてはどうでしょうか。

夫がアダルトビデオを見ることは悪いこと?

根本的なことを言えば、夫がアダルトビデオを見ていることは悪いことでしょうか?夫が相談者さんとセックスをしないとか、他の女性に気がいっているというのなら問題ですが、そうでないなら気にしすぎるのはどうかと思います。

夫に対するアプローチ

「あなたが見ているアダルトビデオ、私も一緒に見たくなっちゃった!」と夫に言ってみてはどうでしょうか。すべてを許し合った大人同士なのですから、そんなこともありだと思いますよ。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次