【お悩み相談】夫への感謝と子供の焦り、セックスレスの悩みを解決する方法とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。

ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。

※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

咲愛さんのアドバイスに感謝

咲愛さん、アドバイスありがとうございます。そして、コメントをくださった野の鳥さん、琴羽さん、ちょーこさん、ありがとうございます。皆様の経験や励ましの言葉にとても感謝しています。

忘れていた感謝の気持ち

咲愛さんのコメントで、私は忘れていた感謝の気持ちに気づかされました。それは、夫への感謝の気持ちです。私は夫のために尽くしてきたつもりでしたが、夫も自分の好きなことを我慢して、私や将来のために尽くしてくれていることを実感しました。

試験後の変化

試験が終わって一週間が経ちましたが、一時的だと思いますが、夫は定時に上がって帰ってきてくれ、会話やスキンシップが増えました。さらに、「今まで迷惑ばかりかけてごめん」とも言ってくれました。これから一年、夫に捧げようという気持ちになれました。

子供についての焦り

子供を授かることについても、気持ちだけが焦っていたことに気づきました。これからはゆっくり考えていきたいと思います。

夫の体調についての疑問

ところで、咲愛さんに質問があります。夫とはもともと月一回ペースのセックスですが、ここ3ヶ月はしていません。自分で処理しているかどうかも分かりませんが、昨日、夫がお風呂に入ろうとした際、下着を脱いだ瞬間に白い粘液が少量出ているのを見ました。後で下着を確認しましたが、何もついていませんでした。夫は寝起きだったので夢精か、最近エッチしていないから溜まって出たのかと思ったのですが、何だか分かりますか?

まとめ

咲愛さん、再度アドバイスをいただけると幸いです。よろしくお願いします。

ご相談への回答

夫との関係を改善するために

夫の努力に気づくことの大切さ

相談者さん、こんにちは。恋人・夫婦仲相談所です。

夫が試験勉強に時間を割いているのは、二人の将来を見据えてのことです。夫が「ほっといてごめんね」と詫びるような態度や言葉を伝えてくれたことで、相談者さんも忘れていた思いを思い出したのではないでしょうか。本当に素敵な夫ですね。

長い目で見る夫婦関係

これからも夫婦として長い年月を一緒に過ごしていくことになるでしょう。すべてのことを長い目で見て、愛し合っているという気持ちを忘れずに、日々を大事に過ごしてください。

夫のパンツに粘液がある理由

さて、夫のパンツに粘液らしきものがあるとのことですが、朝起きた時に少量であれば夢精ではなく、男性器からの分泌液である可能性が高いです。朝起きる頃に勃起していて、その後勃起が収まったときに、少量ながらも尿道に溜まっていた分泌液が溢れ出したのかもしれません。

夫の性欲を感じたら

もし夫が溜まっていると感じるなら、セックスをするということではなく、手や口で射精してあげるのも良いでしょう。3か月もセックスをしていない場合、セックスのきっかけを掴みにくいかもしれませんが、これがきっかけ作りになるかもしれません。

夫を喜ばせるためのアプローチ

「色々忙しくて、何もしてないから溜まっているよね。でも疲れているでしょうから、無理にセックスはしないでいいよ。だから今日は私が気持ちよくしてあげるね」と声をかけて、相談者さんが射精に導いてあげると、夫は喜ぶと思います。恥ずかしいかもしれませんが、夫のためにも頑張ってみてくださいね。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次