【お悩み相談】夫婦関係の危機!別居中の夫が語る改善への道と妻の冷たい反応

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

前回までのご相談

前々回のご相談では、夫の行動に対する不安や疑念を抱えながらも、自分なりに努力して関係を改善しようとしているという相談をさせていただきました。

自分勝手な行動と反省

はじめまして。回答ありがとうございます。また相談させていただきます。最近、自分が頑張っていると思い込み、思いやりに欠けていることに気づきました。ゲームに夢中になり、朝は必ず起こしてもらい、休日も遅くまで寝てしまうなど、自分勝手な行動が多いです。

家事の分担と不満

家事は手伝っていますが、洗濯物を畳んだりお風呂掃除をする程度で、作業的な部分しか手伝っていません。お互いに仕事をしているのに、疲れていると妻に任せる態度が多く、夫婦としての助け合いや思いやりが欠けています。

スキンシップの問題

スキンシップを取ろうと心掛けていましたが、妻が受け入れてくれないのも理解できます。帰宅後に抱きついたりキスを迫ったりするだけで、妻が機嫌が悪そうだとすぐにイライラを露骨に出してしまいます。

食事の時間と家庭の和

食事も三人一緒に食べることが少なく、子供、自分、妻の順に食べ始めます。妻が少ない食事を食べ終えるとすぐにキッチンに戻ってしまい、家庭の和を乱していると感じていました。

別居と離婚の話

現在、別居して二週間が経ちました。妻は離婚の話しかしたくないようで、それ以外の話し合いをしようとしません。電話で「もう一度チャンスをくれ」と言っても無理だと言われました。会うのも話すのも触られるのも嫌だと言われています。

自分の改善と妻の反応

自分のことができるようになるまで待ってほしいと伝え、年明けまで一人で頑張ると話しましたが、妻の反応は冷たく「勝手にやって」と言われました。また、妻の両親と話したことが逆効果だと言われ、連絡を控えていますが、本当に良くなるか心配です。

夫婦の絆と距離の問題

今こそ腹を割って話し合うべきだと思っています。妻が辛い状況なのは理解していますが、乗り越えてこそ夫婦の絆が強くなると信じています。距離を置くことが逆効果な気がしてなりません。長文失礼しました。よろしくお願いします。

ご相談への回答

夫婦関係の悩みを解決するために

夫婦関係の改善に向けて

相談者さん、こんにちは。恋人・夫婦仲相談所です。

ご自身の行動を振り返り、反省すべき点に気づかれたとのことですね。家族のために一生懸命働いている中で、知らず知らずのうちに妻の気持ちを離婚へと追い込んでしまったのかもしれません。

妻とのコミュニケーションを再構築する方法

妻が相談者さんの話を受け付けない姿勢を見せているとのことですが、何もしないまま距離を置いていても事態は好転しないでしょう。まずは、反省や謝罪の気持ちを込めて手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

手紙に込める内容

手紙には以下の内容を含めると良いでしょう:

  • 反省すべき点
  • 妻への謝罪と感謝の気持ち
  • 子供への思い

手紙の渡し方

直接渡すのが難しい場合は、妻に伝えた上でご両親を経由して渡す方法もあります。

腹を割って話し合うために

理想は腹を割って話し合うことですが、まずは妻がそのような気持ちになることが必要です。手紙を通じて今の気持ちを伝え、妻の反応を待ってみてください。

最後に

力を落とさずに、妻の気持ちを取り戻すための努力を続けてくださいね。応援しています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次