【お悩み相談】夫の浮気と離婚の危機!どう乗り越える?対策と心構えを教えてください

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

前回までのご相談

日記を見て不安定になった理由や、日記に書かれていた内容について相談させていただきました。

相談内容

恋人・夫婦仲相談所さん、ありがとうございます。日記は見ないようにしています。アドバイス通り、相談するのはやめて、自分の気持ちを切り替える努力をしています。

状況の変化

私もなんとか立て直せていたので、昨日まではうまくやっていけてたと思います。しかし、また振り出しに戻ってしまいました。昨日の夜、夫がコンビニへ行くと言って出て行き、朝まで帰ってきませんでした。浮気相手と電話していたそうです。

浮気相手との会話

浮気相手に「私と別れるのをずっと待ってる」と言われ、夫も「待ってて欲しい」と言ったそうです。それでも夫はまだ迷っているようで、私には「もう少し待って」と言ってきました。戻ると決めてからまだ二週間しか経っていないのに。

離婚についての考え

夫の答えがどうであろうと、私は離婚はしないと言っています。また戻ると信じて頑張るつもりです。

アドバイスのお願い

夫の答えが出るまで、そして離婚を申し出られた場合、どう対応すればいいかアドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いします。

ご相談への回答

夫の浮気に対する心の準備

相談者さん、今回のご相談を拝見しました。夫が今後の身の振り方を考えているようですが、まだはっきりとした答えは出ていないようですね。夫の心を決めてもらおうと、彼女も必死にプレッシャーをかけているのかもしれません。

夫の心の迷いとその背景

夫が迷っているのは、相談者さんとの夫婦関係にも良い思い出がたくさんあるからでしょう。すぐに離婚を決断できない未練も感じているのではないでしょうか。夫を急かしても仕方がありませんので、彼の決断を待つことになりますが、その間に相談者さんも今後のことを考える必要があります。

離婚の可能性を考える

考えたくはないかもしれませんが、離婚になる場合も視野に入れておくべきです。市役所には離婚相談の無料窓口がありますので、必要な情報を集めて心の準備をしておくと良いでしょう。特にお子さんがいらっしゃる場合は、最善の方法を考えるためにも情報収集が重要です。

これまでの努力と将来の不安

相談者さんはこれまで家族のためによく頑張ってこられたことでしょう。将来の楽しい計画もあったと思います。しかし、夫の浮気で全てが変わってしまうかもしれません。もし離婚が決まった場合、夫なしで一から生活するのは不安かもしれません。

離婚の準備と心の整理

夫の決断には彼女の影響が大きく反映するでしょう。離婚の可能性を頭に入れ、準備をしておくことが無難です。離婚の情報を集め、今後の身の振り方を考えておけば、もし離婚になっても受け止め方が違ってくるでしょう。夫の気持ちがはっきり決まってしまったら、夫婦改善の道も意味がなくなります。

自分の幸せにフォーカスする

それよりも、相談者さんが一人になって幸せになれることにフォーカスする方がベストです。辛いことだと思いますが、夫の決断を待つ間に離婚の情報を集め、「もしも」の時に備えましょう。相談者さんはこれまでできることは努力されてきたのですから、自分を責めないようにしてくださいね。

元気を出して頑張ってください!

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次