【お悩み相談】彼女の風俗勤務と秘密の辛さ…信じて待つべきか諦めるべきか?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

彼女の風俗勤務の理由と背景

彼女が風俗で働いていた理由は、幼少期の家庭環境に起因しています。彼女の父親が不倫し、多額の借金を残して家を出たため、母親が一人で娘三人を育てながら借金を返済してきました。しかし、借金があまりにも多額で返済の目途が立たず、自己破産まで考えた母親を助けるために、彼女は一年間限定で風俗を始めたのです。

風俗勤務を知っている人と秘密の辛さ

彼女が風俗で働いていることを知っているのは、紹介してくれた友達と同居している妹だけです。他の仲の良い友達には秘密にしているため、そのことが彼女にとって辛いと話していました。

メールのやり取りと彼女の行動

彼女が「それまでの人間関係を断ち切る」と言っていたにもかかわらず、私のメールは普通に送信できています。もし本当に関係を断ち切るつもりなら、メールの受信拒否やアドレス変更などの措置を取るはずです。しかし、彼女はそれをしていないため、私は簡単に諦めることができません。

彼女を諦めるべきか?

彼女が風俗を辞め、「それまでの人間関係を断ち切る」と考えているなら、わざわざアドレスを変えたり受信拒否したりするはずです。私はこのまま彼女を信じて待つべきなのでしょうか?それとも諦めるべきなのでしょうか?

恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイスを求めて

恋人・夫婦仲相談所さん、どうかアドバイスをお願いします。

ご相談への回答

風俗嬢との関係に悩むあなたへ

彼女を忘れられない理由

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。相談者さんが風俗嬢の彼女を忘れられない理由の一つに、彼女の「重たい話」があるのではないでしょうか?

風俗で働く女性には必ず理由があります。最近では、遊ぶお金が欲しいとか、未納の携帯料金を払うためなど、軽い理由も増えています。しかし、相談者さんが好きになった女性のように、昔ながらの「不幸話」もまだまだ存在します。

不幸話が引き起こす感情

風俗嬢が語る不幸話には、「他人の不幸は蜜の味」の逆転現象を引き起こす作用があります。密室で不幸話を聞いているうちに、風俗嬢の不幸なストーリーの中に自分が登場人物として加わったような感覚になり、目の前にいる健気で可哀想な悲劇のヒロインを救えるのは自分しかいないと感じてしまうのです。

吊り橋理論と錯覚

このような状況では、住む世界が違う人間なのに、不幸話を通じて同じ世界に生きているような錯覚に陥ります。これが「吊り橋理論」(危機的状況を共有することで起こる恋愛感情)を発動させるのです。

風俗での恋愛は錯覚

風俗での恋愛話は、そのほとんどが風俗という非日常が生み出す錯覚であり夢想です。相談者さんは彼女がメールアドレスを変えていないことを希望の糸のように捉えているかもしれませんが、彼女が本当に相談者さんを必要としているなら、5回もメールを送れば返事が返ってくるのが自然ではないでしょうか?

冷静に現実を受け止める

メールアドレスを変えないことに注目するのではなく、今は返事が返ってこないという事実を冷静に受け止めることが大切です。相談者さんの気持ちがどうであれ、彼女から返事が返ってこない限り、新たな展開は訪れません。

新しい一歩を踏み出すために

彼女とのことは、いい思い出として心のアルバムに収めて、相談者さんが新しい一歩を踏み出されることを心から願っています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次