【お悩み相談】夫の淡白な性格と一人遊びの謎に迫る!風俗疑惑も解決?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

前回までのご相談

前回は、パートナーが浮気を疑われる行動をした際に、どのように対処すべきかという相談をさせていただきました。

淡白な夫との関係に悩む

多分、私の夫は淡白な性格です。誘うのはだいたい私からです。

風俗に行ったかも?夫の告白

この前、夫が「たまに一人でしたくなるんだよね」と言ったことがありました。もしかしたら風俗に行ったかもしれません。

一人でしたい時ってどんな時?

夫が一人でしたい時って、どんな時なのでしょうか?私がいると邪魔なのでしょうか?言ってくれたら私がしてあげるのにと思ってしまいます。

一人ですることに意義があるの?

一人ですることに何か意義があるのでしょうか?それとも体力的な問題なのでしょうか?

体力を使わないSEXの方法は?

もし体力の問題なら、男性が体力を使わないSEXの方法ってありますか?

夫の謝罪と私の気持ち

夫に聞いてみたら、申し訳ないと思ったのか「ごめんね」と謝られてしまいました。しつこく聞くのは可哀想かと思って、それ以上は聞けませんでした。

私の気持ちと夫の気持ちの違い

私が一人でしたくなる時は、ただ単にしたいからです。夫がいたら必ず誘うと思います。だから、夫がいても「一人でしたくなる」気持ちがわかりません。

男性の一人遊びは必要なの?

男性にとって一人遊びは必要なのでしょうか?

ご相談への回答

男性の性欲について理解しよう

こんにちは、相談者さん。恋人・夫婦仲相談所です。

男性の性欲について少し理解を深めてみましょう。多くの男性は一人でマスターベーションをすることがあります。これは生理的な現象であり、特に精液が生成される頃には頻繁に行われることが多いです。

男性のマスターベーションの理由

男性は精液が溜まると、それを出したくなる生理的な欲求があります。このため、性的な刺激があるとマスターベーションをすることが多いのです。行為自体は数分で終わることができ、性欲を解消するための手段として利用されます。

マスターベーションとセックスの違い

男性にとって、マスターベーションはセックスとは異なるものです。セックスは時間をかけて楽しむ行為であり、パートナーとのリラックスした関係が求められます。お互いが気持ちよく、楽しい時間を過ごすためには、コミュニケーションが重要です。

セックスを楽しくするためのコミュニケーション

セックスを楽しく、気持ちよくするためには、二人で話し合うことが大切です。お互いの気持ちいいところや、どうして欲しいかを率直に話し合いましょう。これにより、セックスがより楽しいものになります。

体力とセックスの関係

相談者さんが指摘するように、男性の体力もセックスに影響します。体力が衰えると、セックスが面倒に感じることもあります。その場合、体力を使わない方法、例えば口でしてあげるなどの工夫が必要です。ただし、男性が嫌がる場合もあるので、日頃からどんなことが好きかを聞いておくと良いでしょう。

マスターベーションとセックスのバランス

マスターベーションばかりでセックスがなくなるカップルもいます。どんなことにも限度がありますので、どこがラインになるかを相談者さんなりに決めておくと良いでしょう。

相談者さんの気持ちに寄り添いながら、パートナーとの関係をより良くするためのアドバイスをお伝えしました。何か他にご質問があれば、いつでもご相談ください。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次