【お悩み相談】夫婦関係の不安を解消する方法とは?週末の出来事から考える対策と心のケア

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

週末の出来事で不安定に

週末、主人の車で出かけた際、些細なことから私が不安定になり、最悪な週末を過ごしました。走行距離数が異様に増えていたのです。デコメといい、距離数といい、それだけ?と思われるかもしれませんが、疑っても証拠にはならないと今は思います。しかし、週末はそれが原因で不安が募りました。

主人の変わりようと私の不安

主人も急な私の変わりように無口になり、その後はお通夜のような雰囲気でした。全て私が原因を作ったことだと理解しています。先週から左手がむくみと痺れがあり、指輪を外してしまいました。心配と同じくらい悲しいです。もうダメなのかな、夫婦でいたくない意思表示なのかなと思ってしまいます。

日常の中での不安

今朝はいつも通り手を振って出勤していきましたが、同じ市内にいる主人側の親戚から「知らない土地で一人ずっと家にこもってないで、出ておいで」と電話をもらいました。今の私たちの状況は知りません。その言葉を聞いた途端、涙が溢れ、声を出して泣いてしまいました。私、寂しかったんです。

自分の気持ちを伝える難しさ

もっと主人や周りに甘えたらどんなに楽かと思いますが、言えない自分がいます。自分の気持ちを押さえて生きてきたので、この歳になってどう伝えたらいいのかがわかりません。素直に思っていることを言えばいいのでしょうが、どう切り出せばいいのかもわからない情けない自分がいます。

恋人・夫婦仲相談所さんへの相談

このような状況で、どうすれば主人との関係を改善できるのか、恋人・夫婦仲相談所さんにご相談させていただきました。

ご相談への回答

夫婦関係の悩みを解消するために

夫婦関係の悩みを抱える相談者さんへ

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。今回もどうぞよろしくお願いいたします。

親戚の助言を活用してリフレッシュ

相談者さん、親戚の方から「出ておいで?」と電話をもらったとのことですね。少し気持ちを切り替えるためにも、その言葉に甘えて自宅を離れてみるのも良いかもしれません。

疑惑心が大きくなる前に

前回のご相談を見ても、相談者さんの疑惑心は心の中に隠せないほど大きくなっているようです。きっと夫も相談者さんの変化を感じているでしょう。このままだと夫婦関係に悪影響を与えるだけでなく、相談者さん自身の精神が参ってしまうかもしれません。

リラックスするための方法

どこでも良いので、できればしばらく(または時々)自宅を離れて深呼吸できるようにしてみてください。まずは少しリラックスすることが大切です。

自分自身をリフレッシュする方法

私も前夫との離婚を決断するまで、近くの公園に毎日通って歩いたりジョギングしたりしてストレスを解消していました。そうしなければ、気が狂いそうでしたから、少しでも外に出て新鮮な空気を吸うように努力しました。

自分をコントロールするために

どんな事情であれ、私たちは負けずにベストな努力ができるよう頑張れると思います。時には実家へ帰ったり、外で走ってみたりと、方法を変えながら自分自身をコントロールしなければ、心も体も抱えている問題に振り回されてボロボロになってしまいます。

最後に

相談者さん、お辛い毎日だと思いますが、どうぞ負けないでベストな方法を考えてみてください。心から応援しています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次