【お悩み相談】離婚に踏み切れない理由と解決策:子供の気持ちと夫の浮気問題をどう乗り越える?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

離婚に踏み切れない理由

恋人・夫婦仲相談所さん、ありがとうございます。客観的な意見を聞いて、離婚に気持ちが大きく傾きました。しかし、世間体や面倒なことが気にかかり、離婚に踏み切る勇気がありません。

子供との関係と夫の自由

離婚したら夫はさらに自由になり、子供にも私の気持ちとしては会わせたくないです。しかし、子供の気持ちを考えると、会わせてしまうかもしれません。昨日も子供の入浴後から夫は外泊しました。夫が子供と戯れる姿を見ると、物心つく前に父親を奪ってしまうかもしれないことを申し訳なく思い、涙が出てきます。

夫への感情の変化

夫に対してはだんだんと気持ちが冷めてきており、勝手な行動に腹が立つものの、やきもちの感情は薄れています。離婚するなら有利に進めたいですが、公の場で有効な浮気の証拠がありません。

探偵の依頼と費用の問題

母は精神的にも苦しいし、探偵に依頼するのも50万円とか使うのは馬鹿らしいと言います。両家の両親と話し合い、後のことを決めたらいいと言われました。養育費は絶対に必要ですが、その他は話し合いで解決するべきだと言います。

夫の浮気の証拠と彼女の身元確認

夫の浮気の証拠や彼女の身元確認をするためには、探偵に頼むしかないのでしょうか。彼女から慰謝料を取れなくても、会って話し、別れさせたいです。有利に離婚し、夫に痛い目を見せるにはどうしたらいいでしょうか。

職場復帰と離婚の意志

明日から職場復帰するので、自信もつき、離婚の意志も固まるかもしれません。

ご相談への回答

離婚の労力と精神的負担

「離婚は結婚の10倍の労力を使う」と言われることがあります。生活が大きく変わり、周囲から夫婦として認められたものを撤回するのは、精神的にも大きなエネルギーが必要です。

有利に離婚するための方法

夫が浮気を認めている場合、念書を書いてもらったり、テープに残すことが考えられます。ただし、話し合いがうまくいかない場合は調停や裁判になります。専門外のため、念書やテープが証拠としてどれだけ認められるかは弁護士に再度相談してください。

離婚を考える理由と価値観の違い

「今までもやってこれたから、少しぐらい嫌な思いをしてもこのまま生活していたほうがいいかも」と思うこともあるでしょう。しかし、「夫を自由にするのは嫌だ」という理由では納得する生活ができないかもしれません。

お子さんのためや、「この人と一生をともにすると心に誓ったからそれを全うしたい」という理由で結婚生活を続けることも考えられます。きちんと決断することで、前向きに進むことができるでしょう。

夫の価値観と自分の価値観の違い

「離婚したら余計夫は自由になれるし…」と思うかもしれませんが、「家族がいてもいなくてもかまわない。自由に女性と遊びたい」というのが夫の価値観であり、相談者さんの価値観とは異なります。価値観の違いを受け入れるか、受け入れないかの選択です。

夫に自分のしたことでどれだけ傷ついたかをわかってもらいたい気持ちは理解できますが、価値観の違いからあまり理解してもらえないでしょう。離婚とは、それぞれの価値観のまま生きていくことを選択することです。夫への固執を捨てることが離婚することだと考えてください。

仕事と子育ての両立

お仕事に復帰して、子育てと仕事の両立は大変なことでしょう。しかし、仕事で気がまぎれる部分もあるようですね。仕事も子育ても、一生懸命やった分、その経験が相談者さんを支えてくれると思います。お体に気をつけてがんばってくださいね。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次