【お悩み相談】離婚は踏み止まったものの、多くの男性と不倫をしています

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

前回までのご相談

以前、旦那と離婚したいという相談をさせていただきました。

新しい土地での生活と不倫関係

お久しぶりです。以前、旦那と離婚したいと相談していましたが、今は離婚は考えておらず、新しい土地で暮らしています。

不倫相手との関係

新しい土地で出会いがあり、現在不倫中です。相手も既婚者です。正直、彼とエッチしてから体が変わったようにエッチばかりしたくなります。

セックス中毒の不安

彼以外にも数人の男性と関係を持ちました。セックス中毒じゃないかと思うくらいで不安です。彼にも「エッチ中はまるで人が変わったようになるよね、普段おとなしいからギャップがある」と言われます。

リストカットの代わりにエッチ

リストカットの代わりにエッチしているような気がします。でも、誰にも言えません。

ご相談への回答

不倫に悩むあなたへ

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。

今回は、相談者さんからのご相談にお答えします。まずは、離婚を考えていないということで少し安心しましたが、現在不倫中とのことですね。精神的に参ってしまっているのではないかと心配しています。

新しい土地での生活と夫へのストレス

新しい土地に引っ越したことは、気持ちのリフレッシュには良かったと思います。しかし、夫との関係がストレスになり、そのストレスを他の人に癒してもらいたいと感じてしまったのではないでしょうか。

自分を責めないで

まずは、自分を責めないでください。誰しもが強いわけではありませんし、夫婦関係がうまくいかない時期には他の人に頼りたくなることもあります。精神的な負担を埋めたいと思う自分がいるのは自然なことです。

不倫相手との関係

不倫の相手との関係は、セックスが良くないとなかなか続かないものです。逆にセックスが良いと、その点だけを求めてしまい、愛情と気持ち良さが同居してしまうこともあります。しかし、これは夫との関係が原因であることに気付いているのではないでしょうか。

不倫のリスク

不倫はいけないこととわかっていても、体が求めてしまうことや精神的な癒しを得られると感じることがあります。しかし、本当の問題解決は別のところにあります。不倫相手の男性は、相談者さんの心の弱さにつけ込んでいる可能性があります。不倫をする男性に善人はいません。

慰謝料請求のリスク

既婚の男性とセックスを続けると、今度は相談者さんがその男性の妻から慰謝料請求される立場になってしまいます。これだけは避けなければなりません。心の癒しを求めるなら、まずは既婚者を避けることが大切です。

セックスを求める気持ちの整理

今はセックスしたいという気持ちが強いかもしれませんが、その気持ちがどこから来ているのかを冷静に考えてみてください。普通の生活を取り戻すためには、まず不倫をやめることが必要です。

夫との対話と今後の過ごし方

不倫をやめると同時に、夫との対話を進めるか、今後どのように過ごしていくかを考える時期に来ています。不倫は深みにはまると抜け出すのが難しいものです。既婚者との関係を断ち切ることが重要です。

自分自身を取り戻すために

しっかりと自分自身を取り戻すために、まずは今の気持ちを整理してみませんか?本当に好きなのは夫ではないのですか?お子さんではないのですか?

恋人・夫婦仲相談所は、いつでも相談者さんの味方です。どんな悩みでも一緒に解決していきましょう。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次