【お悩み相談】旦那の遅漏に悩む妻必見!プレッシャーを与えずにセックスに誘う方法とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

前回までのご相談

妊娠をきっかけにセックスレスになり、旦那が射精障害であることがわかりました。話し合いや自分磨きを試みましたが、改善には至りませんでした。という相談をさせていただきました。

セックスの再開とその後の状況

こんにちは、前回の相談後すぐにセックスができました!2、3週間おきに計3回行いましたが、いずれも射精までは至らず、私への愛撫も恥ずかしがってあまりしてくれませんでした。

濡れていない状態で挿入したため、お互い身体的に満足していませんが、私は気持ちが一歩前進できたことに満たされていました。

旦那の前向きな姿勢

旦那も恥ずかしさが消えて、中でイクように頑張ると前向きでした。しかし、この1ヶ月間、なんだかんだでセックスを避けられています。理由は眠いとか、子どもの夜泣きなどです。

誘い方の問題

誘うのはいつも私からで、旦那は毎回「次は自分から言う」と言っても言いません。また、「ひとりで抜かないで私とのセックスまで溜めておく」と約束したのに、いざ誘うと「昨日ひとりでしたからまた今度ね」と言われます。

一昨日の朝、私から誘ってオッケーとキスしたのに、寝る時間になると「やっぱりまた次に」と言われました。

旦那の本音と私の不安

さすがに腹が立って理由を問いただすと、「ムラムラしないんだもん」と申し訳なさそうに言われました。子どもとお風呂に入るから最近は裸を見せたりしていたから?夜泣きするから気が乗らない?私に魅力がないの?

もういやです。結局仲良くなりすぎて家族になってしまったのかなと思います。ちなみに今は子どもが不安で夜泣きしないよう、みんなで一緒に寝ています。

私の願い

私ばかりがセックスをしたいのがいやです。AVならムラムラできるなんて虚しすぎます。旦那を振り回すほどいい女になって性欲をかき立てたいです!

相談内容

旦那が遅漏でセックスに自信がないことがわかりました。プレッシャーを与えずにセックスに誘う方法を教えてください。

・H2タグは利用しないでください。

ご相談への回答

こんにちは、相談者さん。恋人・夫婦仲相談所です。

まずは、気持ちが充実していることが一番大事です。結婚生活において、ムラムラする気持ちが薄れてしまうのはよくあることです。ずっと一緒にいるという安心感から、緊張感やドキドキ感が失われるのは自然なことです。

結婚生活でのドキドキ感を取り戻す方法

結婚生活で再びドキドキ感を取り戻すのは難しいかもしれませんが、あまり激しいエッチを求めずに、安定感のあるどっしりとしたエッチに切り替えるのも一つの方法です。

新しい挑戦を楽しむ

相談者さんは26歳なので、いろいろな挑戦ができます。例えば、コスプレを試してみるのも一つの手です。ドンキホーテなどで二人で遊びに行ってみると、新しい発見があるかもしれません。

大人のおもちゃを活用する

大阪や東京には、大人のおもちゃビルなど、アミューズメントが充実しています。こういった場所を訪れてみるのも、セックスの視点を変える良い機会です。

セックスの視点を変える

セックスの視点を変えることは、夫婦関係を新たにするために必要です。新しいアイデアや挑戦を取り入れて、二人の関係をより深めていきましょう。

相談者さんの幸せを心から願っています。何か他にお悩みがあれば、いつでもご相談ください。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次