【お悩み相談】彼のゲーム優先でセックスレス?関係改善のヒントを教えて!

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

### 前回までのご相談

「最近求めてくれなくて淋しい」「もう私のこと女として見れない?」という相談をさせていただきました。

### 彼との関係に悩む日々

恋人・夫婦仲相談所さん、ありがとうございます!

最近、彼との関係について話し合いをしています。私はいつも「最近求めてくれなくて淋しい」「もう私のこと女として見れない?」と、柔らかい感じで話しています。

### 彼の反応と謝罪

彼も申し訳なく思っているようで、「ごめんね」と謝ってくれます。2月までは彼も私も忙しかったのですが、今月は時間が有り余るくらい暇な一ヶ月です。

### 彼の趣味とセックスレス

しかし、彼はセックスよりもゲームや趣味に夢中になっています。環境も全く変わっていません。彼は最近本当に眠気に勝てないらしく、私より先に寝てしまいます。

### 抱きしめてくれるけれど

話し合いで「淋しい」と何度も訴えたせいか、彼はいつもぎゅっと抱きしめてくれますが、それでもセックスには至りません。他に好きな人ができたわけでもないそうです。

このような状況で、どうすれば彼との関係を改善できるのか、アドバイスをいただけると嬉しいです。

ご相談への回答

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。

相談者さん、プロポーズを受けているのにセックスができず、寂しい気持ちを伝えても「ごめんね」と抱きしめるだけで進展がないという状況ですね。

彼の気持ちを見極める方法

まず、彼が相談者さんの気持ちを知っていながらも無視しているのか、それともセックスができない理由があるのかを見極める必要があります。

彼が無視している場合

もし彼がゲームや趣味に没頭し、相談者さんを無視しているのであれば、彼の気持ちが薄れている可能性があります。この場合、一緒にいない方が良いかもしれません。

彼がセックスできない理由がある場合

一方、彼が相談者さんを愛しているけれどセックスができない理由がある場合、まだ関係を前向きに考える余地があります。

セックスレスの原因とは?

セックスレスの原因はさまざまです。以下に典型的な原因を紹介します。

同棲が長い場合

同棲が長くなると、既婚の夫婦のような状態になり、男性が性的な興奮を覚えなくなることがあります。気持ちは変わらなくても、性的な衝動を感じなくなるのです。

性欲の差

性欲の差が原因で、性欲の強い人が淡白な相手に求めても応じてもらえないことがあります。これは生まれ持った性格のようなもので、変えるのは難しいです。

セックスに対する自信の欠如

EDやセックステクニックに自信がなくなり、「抱きしめる」以降の行為を避けたくなる場合もあります。

彼との関係をどうするか?

彼が「ごめんね」と言ってセックスができない理由は、上記のような原因や複合的な理由が考えられます。

セックスが必要な場合

もしセックスが必要であるならば、なぜセックスができなくなっているのかを見極め、改善するために彼に本当の理由を聞くなど、根気強くアプローチすることが必要です。

別れる選択肢も

結婚していないのであれば、彼と別れて性的な興味やモチベーションが近い人と付き合うのも一つの選択肢です。

まとめ

セックスレスの原因は複雑です。相談者さんにとって何が本当に大切なのかを今一度考えてみてください。どの選択肢が最も幸せにつながるのかを見極めることが大切です。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次