【お悩み相談】旦那の顔色を伺いすぎ?自分らしく生きるためのヒント

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

自分の気持ちを伝える努力

恋人・夫婦仲相談所さん、アドバイスありがとうございました。自分の気持ちを伝える際に、相手の反応を気にしすぎてしまうことが多いですが、少しずつ気にならないように努力しています。

旦那の顔色を伺う問題

一つ、なかなか直らないことがあります。それは、旦那の顔色を伺ってしまうことです。例えば、旦那が休みで家にいるときに私が友達と遊びに行くと、旦那の反応が気になります。特に「ダメ」とは言わないのですが、何か不機嫌な感じがします。

自分の楽しみを犠牲にする

そのため、私も旦那のことが気になり、素直に楽しめません。気を使いすぎているのでしょうか?ちなみに、旦那が友達と出かけるときは、私は気持ちよく送り出しています。これも相手の反応を気にしているからでしょうか。

自分らしく生活するために

もっと自分のことも普通にできるようになりたいです。旦那も私が気を使うから、都合のいい女になってしまい、セックスレスにつながっているのかもしれません。何でも旦那の言うことを聞いてしまうからです。

まとめ

もっと自分らしく生活し、旦那といるときも自分らしくいたいです。何かアドバイスをよろしくお願いします。

ご相談への回答

セックスレスを脱出したいあなたへ

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。相談者さんからのお返事を拝見しました。今回は、夫の顔色をうかがってしまう自分に悩んでいるということですね。

夫の顔色をうかがってしまう自分に悩む

友達と遊んでいる時でも、夫のことが気になって楽しめないというのは辛い状態ですよね。家に帰ってからも「ごめんね、一人で外に出て。いや、楽しんでたわけじゃないの。怒ってる?私のこと嫌いになった?」というようなオーラが出ていないでしょうか。

こういうオーラを感じると、夫も気にしていなかったのに、何となく不機嫌にならなければいけないような気分になってしまうかもしれません。

ポジティブなコミュニケーションを心がける

例えば、一人で遊びに行って帰ってきた後、「すごく楽しかったよ!行かせてくれてありがとう!」と満面の笑みで言ってみるのはどうでしょうか?これまでにこうされたことはありますか?

満面の笑みで「すごく楽しかった!あなたが行かせてくれたおかげだよ!あなたはどう過ごしてた?」と言われると、「あぁ、行かせてあげてよかったな」と思いやすいものです。

自分らしくいることの大切さ

夫といるときも、自分らしくいたいというお気持ちが出てきているのですね。これはとても素晴らしいことです!「自分らしくいたい」と思うとき、自分に楽しむことを許してあげているか、ぜひ考えてみてください。

周りの目を気にして、相談者さんご自身が楽しんでいないことってこれまで多かったのではないでしょうか。でも、「自分が楽しまない」という選択をしていることで、心からの嬉しそうな笑顔を夫に見せる機会を減らしているかもしれません。

自分に正直になって楽しむ

「今日はここに出かけてみたい」「スイーツを食べに行きたい」など、小さいことから自分に正直になって、「楽しい!」を感じることを自分に許してあげてください。

相談者さんが心から「楽しい!」を感じることは、周りにいる夫にとってもプレゼントになるのだということを忘れないでくださいね。応援しています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次