【お悩み相談】夫婦関係の改善に向けて:気持ちを伝える努力とその効果とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

前回までのご相談

こんにちは。私は35歳、結婚して8年目の主婦です。夫は38歳で、子供はいません。

前回は、夫の冷たさと私の反省について相談させていただきました。

自分の気持ちを伝える努力

恋人・夫婦仲相談所さん、ご無沙汰しています。あれから、自分の気持ちを伝える努力を続けています。アドバイス通り、「私は」を主語にして伝えるようにし、夫のリアクションは気にしないようにしています。少しずつ前に進んでいる気がします。

キスやセックスの問題

キスやセックスがない状況は変わりませんが、クリスマスのときに直接言えなかったので、メールで感謝の気持ちと寂しさを伝えました。夫は何も言ってこないし、このことについて話していませんが、伝えられたことに満足しています。

直接伝えるべきか?

しかし、これで解決するのかどうか不安です。改めて自分の口から直接言った方がいいのでしょうか?それとも少し様子を見た方がいいのでしょうか?

朝のキスの反応

ちなみに、今朝私からキスをしましたが、前なら嫌がったのに今朝は嫌がられませんでした。起きていなかったのかもしれませんが…。

まとめ

自分の気持ちを伝えることは少しずつできるようになってきましたが、夫婦関係の改善にはまだ不安があります。アドバイスをいただけると嬉しいです。

ご相談への回答

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。相談者さんのご相談内容を拝見しました。ご自身の気持ちを夫に伝える努力をされているようですね。素晴らしいことだと思います。

### 夫の反応を確認しましょう

まず、夫はどのような反応を示していますか?何か気づいたことはありましたか?メールで「キスやセックスがなくて寂しい」と伝えたことは、相談者さんにとって大きな一歩だったのではないでしょうか。

### 直接伝えることの重要性

メールは一方通行のコミュニケーションになりがちです。心の準備ができていれば、直接伝えることも考えてみてください。ただし、その際には夫からの反応に対する期待が大きくなるかもしれません。「相手の反応は相手が決めることだ」ということを心に留めておくことが大切です。

### 夫との対話を深めるために

最終的には、「私は今こう思っているけれど、あなたはどうかな?」という対話ができるようになるのが理想です。夫が自分の気持ちを言っても、相手が怒ったり泣いたりしないという信頼が必要です。これがないと、夫は「何か言うと相手は怒ったり泣いたりするし、言わないでおこう」と思ってしまいがちです。

### 行動に移すことも大切

相談者さんがすでに実践されたように、「行動に移していく」ことも有効です。夫が起きていたかどうかはわかりませんが、前とは反応が違ったということですし、「したくなったときには、私からしちゃうけどいい?」という気持ちで、夫が受け入れられそうなスキンシップを、相談者さんが主導権を握って行ってみるのも良いでしょう。

### 解決を焦らず、コミュニケーションを増やす

解決ばかりを焦らず、相談者さんにできるコミュニケーションを増やすこと、そして、夫との間でできるスキンシップを増やしていってくださいね。何か気になることがありましたら、またいつでもお話を聞かせてください。応援しています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次