【お悩み相談】結婚7年目のセックスレス解消法!共働き夫婦の愛情復活ガイド

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

結婚7年目の夫婦関係の悩み

結婚して7年目を迎え、私たちは共働きで、4歳になる子供がいます。日常生活ではお互いに家事をこなし、子供ともよく遊び、平凡な家庭生活を送っています。しかし、妻とのセックスはもう2年以上ありません。

セックスレスの原因

この件については妻とも過去に話をしたことがありますが、現在も改善していません。お互い育児や仕事の疲れ(特に妻が…)が原因です。子供ができる前は週に1回程度セックスをしていましたが、子供ができてからは全くなくなりました。

妻の性格と私の気持ち

妻は仕事が大好きで、私に甘えたりしないクールな女性です。私もそんな妻を気遣って甘えられず、誘いづらい一面もあり、今に至ります。夜は子供を間に挟んで同じベッドで寝ているため、ムードが作りづらいです。別に布団を敷いて誘ったことも何度かありますが、妻にその気がないのか、そのまま寝てしまいます。

風俗への誘惑と罪悪感

私も諦めと苛立ちで、風俗などで気を紛らわそうと思いましたが、妻に対し罪悪感を感じ行動に移せません。最近特に不安に思うことは、喧嘩するとお互い会話がなくなる傾向があり、夫婦の間に冷たさと亀裂を感じます。

妻の愛情と夫婦関係の未来

もう妻は私に対し愛情がないのでしょうか?今後二人目の子供についてはお互い考えていませんが、夜の夫婦生活を復活させ、素直に愛情表現ができる間柄になりたいです。時間が経過するにつれ、どんどん冷めていくような気がしてなりません。何でも結構です。アドバイスをください。

夫婦関係の改善に向けて

恋人・夫婦仲相談所さん、どうかアドバイスをお願いします。

ご相談への回答

こんにちは、相談者さん。恋人・夫婦仲相談所です。

セックスレスの原因を考える

セックスレスの原因として、妻が相談者さんに対して愛情がなくなったという可能性は低いです。むしろ、疲れが大きな要因であることが多いです。

共働きと家事の負担

共働きで家事も手伝っているのは素晴らしいことですが、妻の家事や育児の負担が大きいのではないでしょうか。疲れは恐ろしいもので、徐々に女性特有の思いやりや優しさを奪ってしまいます。

妻に一人の時間を作る

妻の疲れが原因である場合、一人の時間をもっと作ってあげることが大切です。女性として扱い、愛されていると実感させることが重要です。どんなにクールな方でも、女性らしく大切に扱われ、愛されていると感じることは嬉しいものです。

二人だけの時間を作る

次に、二人だけの時間を作る努力をしてみてください。時には子供を預けて食事に行ったり、子供を早く寝かせて一緒に映画を見たりするのも良いでしょう。そういった提案をしてみるのです。

女性の気持ちを理解する

女性は性的な気持ちになるのに時間がかかると言われています。普段からの気持ちが大いに関わってきますので、時間をかけて女性として扱ってみてはいかがでしょうか。

相談者さんが動くことが大切

相手のアクションを待つよりも、相談者さんが積極的に動いてみましょう。きっと大丈夫だと思いますよ。

参考書籍の紹介

こちらのサイトの所長が書かれた「夫婦仲がよくなるちょっとした習慣」(著:ふたまつまゆみ)は、参考になることがたくさんありますので、一読されてみてください。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次