【お悩み相談】セックスレスと将来の不安:彼との関係をどう乗り越える?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

### 前回までのご相談

彼氏と付き合って1年、同棲して5ヶ月になります。最初は毎日のようにセックスを求められていましたが、引っ越しを機にセックスレスになりました。彼は仕事の疲れを理由にセックスを避けるようになり、私は不安を感じています。彼に実家に帰ることを提案し、改善を試みることにしましたが、再び同じ問題が繰り返されるのではないかと心配です。という相談をさせていただきました。

### セックスレスの悩みとその原因

初めまして。私は彼氏と付き合って1年、同棲して5ヶ月になります。

最初は毎日のようにセックスを求められていましたが、2ヶ月ほど経ち家を引っ越した頃からセックスレスになりました。

彼は引っ越しによる環境の変化と、仕事場が遠くなったことで毎日疲れて帰ってきます。

### セックスレスの現状と私の気持ち

セックスは私から誘うようになりましたが、なかなかできません。

キスやハグはありますし、彼は私のことをとても好きだと言ってくれます。

しかし、セックスだけがありません。

最近は、私が一方的に辛くて拗ねて泣いてしまい、彼が「辛い思いをさせてごめん」と謝る状態が続いています。

### セックスの途中での問題

最近のセックスでは、彼はいつも「イケない、腰が痛くて」と途中でやめてしまいます。

それでも私は幸せですが、お互い最後までしたいという気持ちがあります。

### 将来の不安と別れの選択肢

まだ付き合いも浅いですが、この先本当にセックスレスになってしまったらやっていけるのかが不安です。

別れて新しい人を探すことも考えましたが、彼は「別れるのは絶対いやだ」と言います。

私も彼が好きです。

### 環境を変える提案とその不安

そこで、環境を変えるために彼に仕事場の近い実家に帰るように提案しました。

毎日一緒にいることが原因かもしれないので、試してみようと思います。

彼は「離れることは考えていなかったけど、やんやん(仮名)が言ってることで改善するかもしれないからやってみる」と言ってくれました。

ただ、離れて改善してもまた同じことの繰り返しになれば意味がないのではないかと不安に思います。

### 距離を置くことで解決するのか?

毎晩寝る前になると不安で仕方なくなるので、一番いい方法だと私は考えました。

距離を置くことで前のように戻れるのでしょうか?

一緒にいすぎるのがダメなのでしょうか?

### 恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイスを求めて

このような状況で、恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイスをいただければと思います。

### セックスレスの現状と彼の反応

恋人・夫婦仲相談所さん、ありがとうございます。

彼と再度話し合った結果、実家に帰るという話はなくなりました。

彼も自分の時間が欲しいようなので、友達と遊びに行くことを気にせず行けばいいと言ってくれました。

元々私は気にしていなかったのですが、話し合った日に勇気を出して、断られるのを覚悟で誘ってみました。

### 彼の反応と私の期待

彼は戸惑っていましたが、「したいって思わないなら無理にしなくてもいいよ?」と言ったところ、「明日しよう!」と言われました。

最初は残念に思いましたが、「俺のこと信用して」と言われ、私は信用しようと思いました。

次の日がとても楽しみでした。

### 期待が裏切られる現実

しかし、それから3日が経ちましたが、結局なんらかの理由をつけて「ごめん、今日疲れてて」と言われ、セックスをする雰囲気にもなりません。

彼は忘れているのか、という感じで寝てしまいます。

### 信用できない気持ちと今後の対策

口だけなんです。

もう信用できないです。どうしたらいいでしょうか?

### 恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイスを求めて

このような状況で、再度恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイスをいただければと思います。

### セックスレスの悩みと彼の言葉

恋人・夫婦仲相談所さん、温かいお言葉にとても励まされました。

セックスレスでは結婚できない、と言ったのは彼です。

彼はバツイチで大学生の子供がいますが、私たちの付き合いは2年経っても秘密にしています。

彼は次の結婚は失敗できない、セックスレスではいつか必ずお互いに気持ちがすれ違う、中途半端な気持ちで結婚するとも言えない、結婚する相手しか子供にも紹介できない、と言っています。

### 私の気持ちと彼の反応

私はお互いに思い合っていれば、時間がかかっても乗り越えられると思い彼にも伝えましたが、彼はそう思えないと言われました。

だとしたら私も30代半ばで、これからどうしたらいいのだろうと混乱しています。

### 秘密の関係と不安

私たちの付き合いを知っている人は数人で、私が一人暮らしなので、私の家に泊まりに来ますが、私は彼の家に行ったこともありません。

最近は、何が本当で、本当につきあっているのかさえ自信がなくなってしまいます。

### 将来の不安と相談

私のこの先の人生がどうなってしまうのか、不安で仕方ありません。

うまく文章が書けなくてすみません。

### 恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイスを求めて

このような状況で、再度恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイスをいただければと思います。

ご相談への回答

こんにちは、相談者さん。恋人・夫婦仲相談所です。詳しく彼のことを書いていただき、ありがとうございます。彼はとても真面目な方で、相談者さんやお子さんのことを大切に思っているようですね。

彼の過去の結婚生活とセックスレス

彼が41歳で既にお子さんが大学生ということは、最初の結婚は20代前半にされたのでしょう。彼の「セックスレスではいつか必ずお互いに気持ちがすれ違う」という発言から、前の結婚生活でセックスライフがうまくいっていなかったのではないかと想像できます。

前妻との関係でスキンシップに消極的になってしまった可能性も考えられます。相談者さんが彼に対して失望感や不満感を抱くことを彼が恐れているのかもしれません。

セックスをコミュニケーションの一つと考える

男性にとってセックスは挿入や射精が重要かもしれませんが、セックスを男女のコミュニケーションの一つと考えれば、勃起しない・射精できないことが二人の仲がうまくいかないことを意味するわけではありません。

スローセックスの提案

アダム徳永さんの提唱する「スローセックス」をご存知ですか?関連する本が何冊も出ていますが、これは「イッた、イかない」にこだわらず、お互いの体をゆっくり愛撫し、時間をかけて性的な快楽を二人で楽しむことを目的とするセックスです。

例えば、EDの薬が効かない時でも、愛撫だけでパートナーを感じさせることができれば、彼もセックスに対するプレッシャーから解放されるかもしれません。もしお読みになったことがなければ、一読をお勧めします。

セックスに対する柔軟な考え方

男性も人間ですから、疲れているときは立たないこともあります。でも、そんな時は挿入以外の方法で二人でセックスを楽しむこともできます。EDの薬も体調によって効くこともありますし、種類を変えれば効果があるかもしれません。

彼がセックスに対してもっと柔軟に考えられるようになると、スキンシップも楽しめるようになるでしょう。スキンシップが女性にとってセックスと同じくらい嬉しいものであることを教えてあげるのも良いかもしれません。

彼のお子さんへの紹介について

彼がお子さんに相談者さんを紹介しないのは、思春期のお子さんに対する対応が難しいからかもしれません。この点は彼に任せて、あまり気にしなくても良いと思います。彼が相談者さんのことを隠しておきたいのは、本気で結婚を考えていないからではなく、本気だからこそ心が決まってからきちんと進めたいと思っているのではないでしょうか。

セックスについての話し合い

比較的オープンにセックスについて語り合える関係であるなら、まずはお互いのセックスに対する考え方をじっくり話し合ってみるのも良いでしょう。人が人と触れ合いたいという欲求は挿入だけが全てではありません。体と体のコミュニケーションには色々な形があることをぜひ伝えてみてくださいね。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次