【お悩み相談】セックスレスとコミュニケーションの壁:夫婦関係を再構築する方法

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

夫婦関係の悩み:セックスレスとコミュニケーションの問題

はじめまして。私は42歳、妻は45歳の結婚10年目の夫婦です。子供は長女が8歳、長男が5歳の二人です。

妻とは結婚情報サービスで知り合い、約6ヶ月で結婚を決めました。お互いに離婚歴があります。

セックスレスの始まり

セックスレスになったのは、長男が生まれてしばらくしてからです(正確な時期は覚えていません)。

私は愛情表現の一つとして、肌を触れ合い、繋がることで安心感を得ます。しかし、妻は行為そのものを拒絶し、キスも唾液が触れるものは拒みます。

妻の言葉と精神的な影響

妻は物事をストレートに言うタイプで、私にとって暴言に等しい言葉を浴びせるため、精神的にかなりまいっています。

普段は普通に話ができるのに、セックスの話になると態度が豹変します。

結婚前後の違い

結婚前後では、普通のカップルのように行為をしていましたが、今は全くありません(少なくとも3年)。

どうか夫婦として今後も安らかな日が送れるために、アドバイスを下さい。よろしくお願いします。

ご相談への回答

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。

セックスレスでお悩みのご相談ですね。男性としてはとても辛い状況だと思います。

夫婦仲の現状を確認しましょう

まず、夫婦仲は現在良好でしょうか?セックスレスになる前後の夫婦関係はどうだったでしょうか?これも大きなポイントになります。

もし夫婦関係があまり良くなかった場合、妻が夫に対して不満や怒り、罪悪感などのネガティブな感情を抱えていた可能性が高いです。小さな積み重ねが原因で、触れられたくないという気持ちが出てきて、セックスレスに至ることがあります。

夫婦仲を良好にするためのコミュニケーション

改善策としては、夫婦仲を良好にすることに努めることです。具体的には、コミュニケーションをもっと取ることが大切です。

妻が一番不満に思っていたことを思い出してみたり、日常で妻が求めていることを聞いて、それに応えてあげることが重要です。

育児とセックスレスの関係

長男が生まれてからセックスレス気味だったということですね。女性に多いのですが、その頃は一番疲れがたまり、心の余裕が持てない辛い時期です。

その頃に夫が家事や育児にどれだけ協力してくれたかが、その後の夫婦関係に大きく関わってきます。過去のことは変えられませんが、今からでもできることがあるならば、改善に努めましょう。

夫婦仲が良好でもセックスレスが続く場合

一方、夫婦仲が良好なのにセックスレスが続いている場合もあります。この場合、夫婦の距離が近すぎて、夫婦というよりも父親・母親としての顔ばかりになり、相手をセックスの対象として見れなくなった可能性があります。

夫婦関係の見直しとコミュニケーション

いずれにしても、相談者さんご夫婦も倦怠期に差し掛かり、夫婦としての今後のあり方を見直す時期に来ているように感じます。

これを機会に、一度妻に「これから仲良くしていきたい」と伝えて、日常のことやこれまでのことも含めて向き合って話をしてみてはいかがでしょうか。

女性は話を聞いてもらいたい生き物ですから、色々話してくれると思います。辛いこともあるかもしれませんが、一度受け止めてあげて、解決の糸口を見つけていきましょう。

応援しています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次