【お悩み相談】セックスレスと風俗通いの夫、離婚回避のための対策とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。

ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。

※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

初めて相談させていただきます。フラワーと申します。

夫とは完全なセックスレスになり、もうすぐ4年が経とうとしています。現在、私が一方的に夫婦仲の修復と離婚回避を試みています。

夫の財布から風俗店のスタンプカードを見つけ、頻繁に通っていることがわかりました。セックスレスが長引いているため、夫は欲求不満や仕事のストレスでイライラし、暴言を吐いたり無視したりすることが増えました。

夫は早く離婚したがっており、最近まで「離婚、もう出て行く」と怒鳴られていました。私も何度も「もう離婚したい」と伝えましたが、専業主婦で子供一人を養える経済力がないため、離婚を考えるのは辛い状況です。

正直、夫のことが嫌いになったこともありましたが、夫婦仲の修復を進める中で、再び夫を好きになっている自分がいます。

風俗店のスタンプカードを見つけたのは、私が夫の財布を勝手に見たためです。風俗通いを指摘すれば、財布を勝手に見たことがバレてしまいます。また、夫から「離婚したい」と言われているため、開き直られて「それなら離婚しよう」と切り出されるのが怖いです。

この状況をただ黙認し、修復に目を向けるべきでしょうか?それとも、発見方法はまずくても、私が風俗通いに気付いていることを伝えた方がいいでしょうか?

という相談をさせていただきました。

### 夫婦関係の現状と自問自答

こんにちは、ローズです。

先日は状況がわかりにくい内容で申し訳ありませんでした。それにも関わらず、早急にお返事をいただき、本当にありがとうございました。

お返事をいただいてから、自問自答を繰り返し、返信が遅くなりました。恋人・夫婦仲相談所さんが今の状況を要約してくださり、概ねその通りだと感じました。

### お金のためにしがみついている?

「お金のためにしがみついているのかな?」という指摘には、正直ドキッとしました。きれい事では片付けられない現実があるので、恋人・夫婦仲相談所さんの解釈は正しいと思います。

### 恨みつらみと夫婦関係の修復

「今の恨みつらみがある状態では修復は厳しい」というアドバイスも、改めて考えさせられました。主人に対する不満をぶつけてしまったことが、恨みつらみになっているのかもしれません。

厳しい状況を理解した上で、夫婦関係の修復を続けたいと思います。不満をぶつけることが「恨みつらみ」になることを肝に銘じます。

### 風俗通いの黙認と自分の楽しみ

風俗通いについては、恋人・夫婦仲相談所さんのアドバイス通り、指摘せず黙認しようと思います。しかし、ほぼ毎日のように通っている様子で、風俗嬢の経験人数や多額の出費が気になります。

爆発しないように、私は私の楽しみを見つけて楽しく過ごしたいです。

### 修復のための具体的な行動

修復のために、主人の望む家事をしっかり行い、低姿勢で接し、挨拶やお礼をこまめにするよう心がけています。また、主人の意見に沿うように努めています。

具体性に欠けるかもしれませんが、恋人・夫婦仲相談所さんが思うことがあれば教えてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご相談への回答

相談者さん、お久しぶりです。恋人・夫婦仲相談所です。あなたのことはよく覚えています。鬱病の診断を受け、治療に取り組んでいるとのこと、前に比べて状況が動き出しているようで何よりです。

鬱病の原因と対策

鬱病は、自分の感じることや考えることを否定する習慣が原因になることが多いです。しかし、これらの習慣は当人にとっては当たり前すぎて気づかないことが多いです。自分の心と向き合う取り組みは素晴らしいです。カウンセリングと薬は治療の王道ですので、医師の指示に従ってください。

リラックスする方法

もし無理しないでできるのであれば、身体の感覚に集中する機会を作ると良いでしょう。例えば、お風呂に入ってリラックスの感覚に気づく、外に散歩に出て自然の音や匂いを楽しむなどです。出かけるのが億劫でなければ、ヨガや太極拳、ストレッチなどもおすすめです。頭を空っぽにして身体の感覚を味わう時間を作るだけで、心が軽くなります。

夫との関係改善の可能性

いたわる言葉をかけると夫の態度が変わるというのであれば、これから関係が変化する可能性もあります。鬱病など心の病にかかると、自分のことで精一杯で他の人を気遣う余裕がないのが普通です。これは良し悪しの問題ではなく、病気の時は誰でも他の人に席を譲る余裕がないのと同じです。

夫の心のゆとりについて

ただ、病人が家にいると家の中が暗くなりがちです。夫の方も今まで態度が頑なだったということは、あなたの言動に傷ついて心のゆとりがなくなっている可能性があります。もし、当てはまりそうなときは、ゆとりのない者同士が一緒にいるからギスギスしやすいかもしれないと知っておくと、何かが変わるかもしれません。

自分を責めないで

あなたがそのことをすまないと思う必要はありませんし、何かをしなきゃと思うようなら、それは鬱病にとって逆効果で、ひいては夫の負担にもつながります。そうかも、と知っておくだけで十分です。

ネガティブな感情の認識

心に向き合っていると、夫に対して憎しみや不満を感じることに気づく時が来るかもしれません。相手にそのまま直接ぶつけるわけにはいきませんが、自分のネガティブな感情も一旦認めてあげてください。そうしているうちに、変化する時もおのずと来ますから。

順調な回復を願っております。また、ご様子をお知らせくださいね。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次