【お悩み相談】セックスレスと生活のすれ違いに悩むアヤさんの解決法とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

はじめまして。結婚3年目、3歳の子を持つアヤ(31)と申します。

夫(29)とはできちゃった結婚でしたが、出産に立ち会ったことが原因で、出産後からセックスレスになりました。自分からキスしようとすると避けられ、それ以来、積極的に行動するのが怖くなりました。

### セックスレスの悩みと夫婦関係のすれ違い

2年前、勇気を振り絞って夫をホテルに誘い、楽しい時間を過ごしました。しかし、それ以降は再びノータッチの状態が続いています。

### 勇気を出してホテルへ誘った経験

最近、夫が車のために夜のバイトを始め、生活のすれ違いが生じています。昼間の仕事から早く帰ってきても、夕食後すぐに寝てしまい、夜中に帰ってきても私は寝ている状態です。私も仕事をしているため、休みも合わず、会話もない生活が続いています。

### 夫の夜のバイトと生活のすれ違い

夫も二人目が欲しいことは理解してくれていると思いますが、疲れているせいかセックスレスが続いています。自分から誘うのはかなりの勇気が必要です。

### 二人目が欲しいけれど…

このままでは夫と離れるべきか、また私から誘うべきなのか、それとも待つべきなのか悩んでいます。アドバイスをお願いします。

ご相談への回答

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。相談者さん、2年間もノータッチの状態が続いているとのこと、本当にお辛いですね。

夫との関係を見直す重要性

産後からセックスレスが続いているようですが、まずは夫との現在の関係を見直すことが大切です。今のままでは、たとえ二人目が生まれたとしても、夫は仕事に追われ、夫婦関係の修復に時間を割けなくなるかもしれません。

セックスレスの原因と対策

相談内容から、悩みは大きく2つに分けられます。

1. 出産に立ち会ったことが原因でノータッチ

まず、相談者さんが寂しいと感じていることを夫に伝えてください。二人目が欲しい気持ちもあるかもしれませんが、まずはセックスの前に、キスやハグがないことが寂しいと伝えてみてください。

日常で一緒にいる時間が少ない中で、スキンシップを通じて愛されている実感が欲しいこと、自分に直すべきことがあれば教えて欲しいことを、セックスがないことを責めるのではなく、女性として寂しいという気持ちを伝えてみてください。

2. 夫との時間のすれ違いで会話がない

相談者さんも子育てと仕事を両立させていて多忙な毎日だと思います。一方、夫も昼も夜も働いていて本当にお二人とも大変ですね。夫は二人目を欲しいと思っているかもしれませんが、今は仕事で家計を安定させることを一番に考えているかもしれません。

夫とのコミュニケーションを大切に

今のままでは、夫がこれからの関係をどう考えているかがわかりません。夫を労う言葉とともに、話して聞いてみてください。時間がないかもしれませんが、こればかりはご夫婦でこの2つの問題について話し合うしかありません。

夕食の時間を活用する

夕食は一緒に食べることはありますか?1,2時間くらいでも時間を作ることはできそうですか?どうしても難しい場合は、夫に手紙を書いてみるのも一つの手です。

最後に

相談者さんの気持ちに寄り添い、少しでもお役に立てれば幸いです。夫婦関係の改善に向けて、少しずつでも前進していけることを願っています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次