【お悩み相談】セックスレス解消法:旦那との夜の時間を取り戻すためのヒント

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

### 初めての頃のセックスライフ

旦那とのセックス歴は約7年です。初めの頃は会えばエッチで、一日に2~3回という日もありました。その後、月平均4~5回になり、結婚と妊娠がほぼ同時に訪れました。出産まではセックスはなし。出産後はまちまちで、続けてエッチしたと思ったら2~3ヶ月あくという感じです。スキンシップはほとんどありません。

### 結婚後の変化と悩み

結婚してからは生活も変化し、子供がいると二人だけの時間はほとんどありません。でも、女として旦那との夜の時間は大事にしたいと思っています。私は旦那の誘いを断ったことはありません。ずっと旦那から誘われていたので、それに慣れていましたが、出産後は恥ずかしながら自分から誘っています。

### 自分からの誘いとその結果

しかし、全部がオッケーではなく、エッチまでいったのは数回です。私は誰でもいいのではなく、旦那としたくて誘っているのに断られ、誘うのも恥ずかしいのに断られて倍恥ずかしいです。断られて知らんぷりされると、あまりの淋しさと恥ずかしさで涙が出るのをいつも必死にこらえています。恥ずかしいけど、オナニーで我慢しています。

### 出産後の変化と旦那の悩み

出産後、こんなことがありました。1度エッチの時に「最近起たなくてマジ悩んでて、出来なかったらゴメン」と前置きされた後、本人もビックリして「出来た」という感じでした。

### 望むセックスの頻度

毎日と言ったら大げさですが、せめて週1~2回は旦那とのエッチを望んでいます。皆さんはどれくらいのペースでエッチしていますか?旦那と夜仲良くなるにはどうしたらいいですか?

### まとめ

旦那とのセックスレスに悩むあなたへ、同じような悩みを持つ方々の意見やアドバイスをお待ちしています。どうか、少しでも参考になれば幸いです。

ご相談への回答

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。

お子さんが生まれると、生活が子ども中心になり、夜中の授乳などで夫婦の時間が取れなくなることはよくありますよね。でも、そんな中でも夫と仲良くしたいという気持ちを持っているのは素敵なことです。

スキンシップの重要性

ご相談内容を拝見して気になったのは、「スキンシップがほとんどありません」という部分です。これは最近のセックスレスに合わせてスキンシップも減ってきたのでしょうか?

もしそうなら、まずはスキンシップを増やすことがセックスレス解消への第一歩です。

女性と男性の違い

女性は抱かれることで愛情を確認したいと考えます。そのため、セックスレスになると夫の愛情がなくなったようで不安になります。

一方、男性はセックスと愛情が必ずしもイコールではありません。「妻とならいつでもできるから」「セックスがマンネリで新鮮味がないから」といった理由で自然と性欲がわかなくなることがあります。

相談者さんの気持ち

相談者さんも「誰でもいいのではなく夫と…」と書かれているように、ただ単に性欲があるわけではなく、夫との愛情を確かめ合いたい、育児で疲れた心身を抱きしめて癒してほしいという気持ちが根底にあるのではないでしょうか?

スキンシップの提案

例えば、挿入なしでも、二人が裸で肌と肌をくっつけ合ってお互いのぬくもりを感じて眠るだけでも心は満たされるでしょう。たまにはそんなスキンシップでもいいと思いながら、夫を誘ってみてはいかがでしょうか?

男性の視点

しかし、男性にとっては「セックス=挿入=射精」という単純な図式が頭に浮かび、「今はやりたくないよ」と負担に感じることがあるかもしれません。これがセックスレスを助長してしまう原因の一つです。

解決策

この状況を解決するためには、やはりスキンシップを増やすことが大事です。例えば、肩もみ一つにしても、リビングの椅子で着衣のままTシャツの上から揉んでもらうのと、ベッドでリラックスしてうつぶせになり、シャツを脱いだ状態で素肌に夫の手のぬくもりを感じながら揉んでもらうのでは、癒され方が違います。

夫への理解を求める

女性は抱きしめられることで愛情を確認し安心できること、「誘う=挿入を伴うセックス」ではなく、スキンシップを含めた夫婦で肌や心を触れ合う時間を求めていることを、夫に話して理解してもらうことが必要です。

夫婦の時間を大切に

お子さんがまだ乳児であれば、夜中に目覚めて夫婦の寝室まで歩いてくることはないでしょう。多少はベッドで泣かせても大丈夫ですので、ぜひ子ども抜きで夫婦で過ごす時間を上手に確保してくださいね。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次