【お悩み相談】レス生活1年以上!パートナーとのスキンシップを取り戻す方法とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

レス生活が続く理由

彼とのレス生活が一年以上続いているとのことですね。子供と一緒に寝ていることも一因かもしれませんが、彼のやる気が感じられないことが大きな問題です。以前、彼は腰を壊してからまともにできていないと話していました。

プレッシャーとレスの関係

彼は「プレッシャーになっている」と言っていました。付き合い始めの頃に2、3回試したものの、うまくいかなかったことが彼にとって大きなプレッシャーになっているようです。

スキンシップの重要性

スキンシップはそこそこあるとのことですが、だんだんと「男と女」ではなくなっている気がするとのこと。レスを解消することで、もっと深い関係になれるのではないかと感じているようです。

自分から誘うことの難しさ

あなたから誘わないとレスが解消されないような気がするとのことですが、失敗して彼がへこむことを考えると、なかなか誘えないという悩みもあります。今まで自分から誘ったことがないため、どうやって誘ったらいいのかもわからないとのことです。

レス解消のためのアドバイス

  1. タイミングを見計らう
    仕事で疲れている時期は避けた方が良いでしょう。リラックスできる時間を見つけて、二人きりの時間を作ることが大切です。
  2. コミュニケーションを大切に
    彼と率直に話し合うことが重要です。彼の気持ちや体調を理解し、プレッシャーを感じさせないようにすることがポイントです。
  3. 小さなスキンシップから始める
    大きなステップを踏む前に、手をつなぐ、ハグするなどの小さなスキンシップから始めてみてください。
  4. 専門家の助けを借りる
    恋人・夫婦仲相談所さんのような専門家に相談することも一つの方法です。プロのアドバイスを受けることで、新たな視点が得られるかもしれません。

まとめ

レス生活を解消するためには、タイミングを見計らい、コミュニケーションを大切にし、小さなスキンシップから始めることが重要です。専門家の助けを借りることも検討してみてください。

ご相談への回答

セックスレスに悩むあなたへ

こんにちは、恋人・夫婦仲相談所です。

夫が疲れているときの対処法

相談者さん、セックスレスの問題でお悩みですね。確かに、夫が仕事で疲れているときに求めるのは難しいことです。男性は疲れているときに迫られると、嫌な気持ちになることが多いです。それが目的となると、さらにやる気を失ってしまうこともあります。

タイミングを見計らう

疲れていないときに、二人だけで一緒に寝る時間を作りましょう。その際、「今日はちょっと抱き合ってから寝てね」とお願いするくらいが良いかもしれません。夫があなたを大切に思っているなら、そのくらいのお願いは聞いてくれるでしょう。

自分の気持ちを伝える

あまり気を使いすぎるのも良くないですが、自分の意思はしっかり伝えることが大切です。まずは優しく、夫の立場になって気持ちを伝えてみてください。二人が仲良しでお互いを思いやっているなら、何を言っても傷つくことはありません。相手のためにと思っていることが伝わるからです。

関係を築きながら話し合う

まずは関係を作りつつ、ゆっくりと話をしてくださいね。きっと夫が相談者さんを愛しているなら、気持ちは通じるはずです。

あなたの悩みが少しでも解消されることを願っています。

恋人・夫婦仲相談所

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次