【お悩み相談】夫とのセックスがうまくいかない!愛を感じるための解決策とは?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

結婚生活とセックスの悩み

私は32歳で結婚して8ヶ月になります。夫は29歳で真面目で潔癖症な性格です。

付き合っている時は初めの1・2回だけセックスをしましたが、お互い仕事が忙しく、なかなかセックスできる状態ではありませんでした。

夫の仕事とセックスの頻度

結婚してから夫の仕事は24時間勤務で月に2回です。結婚当初、私からセックスを誘った時、夫は「仕事が忙しく、ミスしたら大変だから無理」と言いました。それは仕方ないと納得しました。

セックスに対する夫の考え

その後、話し合いをして、私が「気持ち良くしたいし、愛しているよ」と伝えたところ、夫は「セックスはあまり好きではない。子孫繁栄のためにやるだけで、愛しているから気持ち良くするためではない」と言われ、ショックを受けました。

キス嫌いの理由

セックスの際、夫はキスが嫌いでむせます。理由を尋ねると、「元自衛隊にいた時、夢で首から取れた友達に襲われて以来、キスが嫌いになった」と言われました。

スキンシップとフェラの問題

スキンシップ自体は大丈夫ですが、夫はフェラが嫌いで、パンツ越しで触らないとダメです。また、挿入する時はなかなか入らず困っています。

射精の問題と虚しさ

射精が上手くいかない時、夫は一人でHしてから勃起して行います。言葉かけもなく、「この人は私のことを愛しているのかな?」と思い、虚しい気持ちになります。終わってからすぐに着替えて寝ます。

普段の生活

普段は一緒にご飯を作ったり、会話はたくさんしています。

どうしたらお互いが気持ち良いセックスができるか?

どうしたらお互いが気持ち良いセックスができるでしょうか?

ご相談への回答

夫とのセックスについての悩み

相談者さん、初めまして。恋人・夫婦仲相談所です。ご結婚おめでとうございます。

普段の生活で一緒に過ごす時間が多く、会話もたくさんあるとのこと、素晴らしいですね。

夫の仕事と性欲の関係

夫の仕事が24時間シフトで、緊張を強いられる内容だと伺いました。一般的に、神経を使う仕事やエネルギーを必要とする仕事に従事している人(例えば芸術家など)は、性欲が薄くなる傾向があると言われています。

夫の人生観とセックス

夫がセックスを楽しむ気になれない原因は、彼の人生観にあるかもしれません。言葉かけがないからといって、愛がないわけではありません。ただ、セックスや愛情表現を自分に禁じているような、ストイックな印象を受けます。

夫の価値観を理解する

話す機会がたくさんあるようですから、夫のこれまでの人生や価値観を理解するよう努めてみてください。夫の言動がなぜそうなのかを理解することで、相談者さんの不安も軽減されるでしょう。

過去の経験とセックスへの影響

「夢で首から取れた友達に襲われる」などの話から、過去の辛い経験が愛の楽しみにストップをかけている可能性も考えられます。真面目で潔癖症な性格から、セックスに対して罪悪感を抱いているのかもしれません。

カウンセリングの検討

夫の心の傷が深刻な場合、ふたりでカウンセラーを訪ねることも一つの方法です。まずは、夫の心の状態をそれとなく聞き出してみてください。夫の心境がわかってくれば、解決策も見つけやすくなると思います。

相談者さんの悩みが少しでも軽減されることを願っています。何か他にお手伝いできることがあれば、いつでもご相談ください。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次