【お悩み相談】セックスでイケない!42歳男性の悩みと解決策を探る

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

前回までのご相談

自分は42歳の男性です。妻とのセックスでイケないことに悩んでいます。以前もセックスでイケたのは2、3回だけです。マスターベーションではイケるのですが、妻とのセックスではどうしてもイケません。妻はこのことを理解してくれています。妻をイカせることはできるのですが、自分自身がイケないのです。この状況をどうすれば改善できるのか、教えてください。お願いします。という相談をさせていただきました。

若い頃の経験と現在の悩み

若い頃にソープランドや元カノとのセックスでは2、3回イケたことがあります。しかし、その後付き合った彼女に「セックスが下手」と言われ、それ以来イケなくなりました。この不安感が頭から離れません。

妻とのセックスでの問題

妻は私がマスターベーションをしていることを知りません。騎乗位ではイキそうになるのですが、妻が怖がって嫌がります。さらに、妻は股関節に障害があり、アソコが少しゆるいのです。

子供が欲しいという願い

私は42歳になり、子供が欲しいと強く思っています。しかし、セックスでイケないことが大きな障害となっています。どうすればこの問題を解決できるのでしょうか?

性欲とマスターベーションの頻度

性欲はあり、週に2、3回マスターベーションをしています。

恋人・夫婦仲相談所さん、どうかアドバイスをお願いします。

ご相談への回答

夫婦間のコミュニケーションを大切に

相談者さん、こんにちは。恋人・夫婦仲相談所です。セックスに関する悩みは、男性にとって非常にデリケートな問題ですよね。特に、パートナーから「セックスが下手だ」と言われると、気持ちが落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、あなたが子どもを望んでいるということは素晴らしいことです。まずは、その気持ちを妻に伝えてみてはいかがでしょうか。妻があなたの気持ちを理解してくれれば、二人でどうすれば良いかを一緒に考えることができるでしょう。

セックスに対する不安を解消するために

セックスに対する不安を解消するためには、まず妻としっかり話し合うことが大切です。妻の協力を得ることで、あなたの不安も軽減されるでしょう。また、セックスを楽しむためには、妻を気持ち良くさせたいという気持ちも大切です。

セックスの技術を見直す

セックスでどのようにすればお互いが気持ち良くなれるかを再度考えてみましょう。サイト内のコラムも参考にしてみてください。妻があなたの努力を理解し、協力してくれることで、二人の関係もより良くなるはずです。

精神的な不安が大きい場合の対策

もし、精神的な不安が大きく、なかなかうまく勃起しない場合は、医師の診断を受けてED治療薬をもらうことも一つの選択肢です。多くの人が勃起障害を克服し、良い夫婦生活を送っています。

ED治療薬の入手方法

ED治療薬はネット通販ではなく、必ず医師の処方を受けて購入することが重要です。サイトにも情報が掲載されていますので、ぜひご検討ください。ホームページ検索でも、問診と簡単な医師からの説明で処方してくれる男性スタッフだけの医療機関がありますので、恥ずかしがらずに相談してみてください。

一人で悩まず、行動を起こしましょう

同じ悩みを持つ男性は最近とても多いです。一人で悩まず、行動を起こすことが大切です。あなたの努力が実を結び、夫婦関係がより良くなることを願っています。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次