【お悩み相談】夫とのセックスレス解消法!ラブホテルでの新たな挑戦と勃起維持のコツ

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

夫とのセックスレス改善に向けて

前回までのご相談

前回、夫とのセックスレスを改善し、子供を持つための方法について相談させていただきました。

夫との話し合いの結果

恋人・夫婦仲相談所さん、いつもありがとうございます。セックスレスを改善しないと問題解決にならないというアドバイスを受け、一昨日、夫と話し合いました。夫も子供が欲しいという気持ちがあり、セックスレスを改善する案に賛成してくれました。

初めての試みとその結果

昨日、夫が早めに帰宅してくれて、セックスを試みました。最初は順調でしたが、残念ながら失敗に終わりました。それでも、夫と抱き合ってイチャイチャする時間が幸せでした。夫も「ノン(仮名)の思いやりあるところが好きだよ」と言ってくれました。

次のステップ:ラブホテルでの試み

夫は「次はラブホテルに行って環境を変えてみよう」と提案してくれました。これから一つずつ問題を解決していけるように、二人で頑張ります。また凹んだら相談するので、よろしくお願いします。

夫の勃起維持に関する悩み

ひとつアドバイスをいただきたいのですが、夫はセックスの最中に勃起を維持しないとダメだと思っていて、少しやわらかくなるだけで落ち込んでしまいます。それさえ気にならなければ、私はセックスが成功するような気がします。何か良い方法はありませんか?

試した方法と今後の対策

ちなみに、アロマやマカ亜鉛のサプリメントは試していますが、薬はまだ考えていません。アドバイスをいただけると助かります。

ご相談への回答

こんにちは、相談者さん。恋人・夫婦仲相談所です。

話し合いをされて、良い方向に向かっているとのこと、良かったですね。

セックスに対する新しいアプローチ

今回のご質問についてですが、セックスにおいて挿入や射精を目的とせず、互いに感じることを意識するようなセックスに意識を変えてみてはいかがでしょうか。

男性にとって射精にこだわる気持ちは理解できますが、そのこだわりが強すぎると、楽しいはずのセックスがプレッシャーの種になってしまいます。

愛撫を中心に楽しむ

それよりも、セックスの間に互いのエネルギーを交換し合い、感じることを楽しんでみてください。挿入や射精にこだわらなければ、愛撫を中心としたセックスで互いに感じることができ、プレッシャーも少なくなるでしょう。

スローセックスのすすめ

また、性エネルギーをゆっくりと蓄えていくことで、最終的に達するものに導いていく「スローセックス」を試してみるのも良いかもしれません。これはポリネシアンセックスにもあるような方法です。

相談者さん夫婦だからこそ、こういった新しいアプローチを試すことができ、充実したセックスライフを送れると思います。ぜひ一度試してみてください。

夫への思いやり

夫に対しては、今のように思いやりのある態度で接していけば大丈夫です。食事や運動の改善も精力に影響すると言われています。例えば、牡蠣などを食事に取り入れるのも良いでしょう。

食事と運動の工夫

サプリや薬だとプレッシャーの元になるかもしれませんので、まずは料理を工夫したり、一緒に運動を交えたレジャーを楽しむようにしてみてはいかがでしょうか。二人の仲も良好になり、楽しく過ごせると思います。

相談者さんの幸せを心から願っています。何か他にご質問があれば、いつでもご相談ください。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次