睾丸マッサージとはどんなもの?【睾丸マッサージでレス・不妊・不調が改善⁉】#性のギモン

第二回ではなぜ睾丸マッサージが必要なのか?睾丸マッサージとはいったいどんなマッサージ法なのかご紹介します。第一回の“睾丸”を知ろう【睾丸マッサージでレス・不妊・不調が改善⁉】はこちらから。

目次

睾丸マッサージに出会い「これでパートナーシップのお悩みを解消できる」と確信

20代、血液内科で骨髄移植治療をする病棟で看護師として勤務する中で、患者様のさまざまなお悩みに関わりました。その中で、大きく2つの悩みがあると氣が付きました。

それは“美容”と“性”です。

男性・女性・年齢、関係なく、患者様は涙ながらに20代のまだ若輩者の私にお悩みを打ち明けてくださいました。

しかし人生経験が浅かった私は、ただ一緒に泣くことしかできませんでした。

その頃から少なからず女性には“デリケートゾーンのケア方法”をお伝えしてはいましたが、男性のお悩みを解決する方法を提供することができず、ずっと思い悩んでいました。

そんな中、30代に入り、結婚・出産・離婚を経験し人生が豊かになってきた頃、病院の治療以外で、患者様のお悩みを解決することができる技術や方法と出会っていきました。まず整体の技術を取得したのですが、そうするとアロマや鉱石、漢方等、西洋の薬では叶わない“お手当”の大切さを実感しました。

そんな中でタイ古式マッサージの一つである”ジップカサイ”と呼ばれる“睾丸マッサージ”と出会ったのです。

「これで男性の性のお悩みを解決できるかもしれない!」とすぐに資格を取得。

睾丸マッサージはEDや妊孕性(にんようせい)に効果が期待されるのはもちろん、男性ホルモンの95%は睾丸でできていて別名“やる気ホルモン”“仕事ホルモン”“モテホルモン”“勝ちホルモン”等と呼ばれていることを知り「こんなに素晴らしいホルモンが向上する助けができるなら、睾丸マッサージは妊活やセックスレス等のお悩みのお役にたてる!」と確信しました。

看護師と整体師、両方の知識と技術でメディカルな睾丸マッサージを提供

人間は“姿勢”と“体温”を整えると身体の状態が良くなります。

睾丸マッサージは、睾丸だけをマッサージするのではなく、全身を整体とリンパマッサージによって整えて流し、血流をよくしていくマッサージ法です。

マッサージを行い正しい姿勢になると自律神経が整い勃起力や射精力の向上に繋がります。

精子は約二週間で作り変えられるといわれていますが、血流をよくすることで、そのサイクルを整え質の高い精子生成のお手伝いをします。

注意しなければいけないのは、睾丸マッサージは18歳以上の身体ができあがった男性だけが行えるものだということ。

そして大変デリケートな部位なので知識もなくむやみにするのは絶対にNGです。

今の日本では“ジップカサイ”と呼ばれる睾丸マッサージを行うお店はメンズエステや風俗店が多いように思います。

私はたんなるエロスでなはく睾丸の機能向上を目指し、より良いパートナーシップと男性の性のお悩みを解消するために看護師と整体師、両方の知識と技術でメディカルな睾丸マッサージを広めたいと考えています。

大切なコミュニケーションの一つであるセックスを睾丸マッサージで向上しよう

セックスはパートナーとの大切なエネルギー交換のコミュニケーションです。

セックスレスやED等に悩まれていたり、もっとパートナーとの関係を充実させたいと考えている皆様へ睾丸マッサージをお届けしてきたいと思っています。

次回からはいよいよ具体的な睾丸マッサージの方法についてお伝えします。お楽しみに。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

看護師 整体師(マタニティ、産後、一般)睾丸マッサージセラピスト。

石川県の金沢大学病院の血液内科に14年勤務。幹細胞骨髄移植学会の認定看護師として白血病やリンパ腫患者の入院中と退院後のケアに従事。その中で患者には【美容】と【性】という二つの大きな悩みがあると知る。20代の頃から女性に関してはケア方法を提唱してきたものの、男性の悩みに応えられるものはないかと探し求める中で【睾丸マッサージ】に辿り着きセラピストの資格を取得。しかし今ある睾丸マッサージでは不十分だとして自身の整体師としての技術と合わせてより効果的な施術を考案。

【睾丸マッサージ】というまだ世に知られていないマッサージを看護師、整体師の資格を持つ身体のプロとして紹介し、セックスレスや勃起不全、不妊等に悩む夫婦やカップルの切実なお悩みに応える。『性と向き合うことは、自分の心と生きると向き合うこと』を大切に、睾丸マッサージを啓蒙し、牽引する。

目次