【お悩み相談】特別な人だからこそ…妻を裏切らずに性的欲求を解消する方法は?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

特別な人だからこそ、どうしても気持ちが抑えられない

ご回答ありがとうございます。特別な人だからこそ、そういう気持ちになるわけですよね。

かと言って、セフレを作るとか風俗に行くというのはすごく後ろめたいんですよね。

どうやって解消すればいいのか分かりません。割り切るしかないんでしょうか。

相談内容

私は35歳の男性で、妻とは結婚して10年になります。妻とは仲が良く、子供も2人います。

しかし、最近どうしても性的な欲求が抑えられず、他の女性と関係を持ちたいという気持ちが強くなっています。

妻を裏切ることはしたくないし、セフレを作るとか風俗に行くというのはすごく後ろめたいです。

どうやってこの気持ちを解消すればいいのか分かりません。割り切るしかないんでしょうか。

恋人・夫婦仲相談所さんの回答

特別な人だからこそ、そういう気持ちになるのは自然なことです。

しかし、他の女性と関係を持つことは、あなた自身や家族にとって大きなリスクを伴います。

まずは、妻と率直に話し合ってみることをお勧めします。あなたの気持ちを正直に伝えることで、二人の関係がさらに深まるかもしれません。

また、カウンセリングを受けることも一つの方法です。専門家のアドバイスを受けることで、気持ちの整理がつくかもしれません。

最終的には、自分自身と向き合い、どのような選択が最も自分にとって、そして家族にとって良いのかを考えることが大切です。

ご相談への回答

セックスレスやスキンシップの悩みを解決するために

相談者さん、はじめまして。

内縁の妻とのセックスレスやスキンシップでお悩みなのですね。これまでの様子も拝見させていただきましたが、まず思うことは、今のような関係性になってしまった要因は何でしょうかと、改めて考えてみてはどうでしょうか。

交際中は互いに相性がいいよねと話せるほどであって、それゆえに内縁関係を結んだのですから、今のような悩みとは無縁の状態だったと思います。ならば、いつ頃からお二人の関係に不協和音が起こり始めたのでしょうか?

違和感を感じ始めたのはいつ頃であり、どんな事からでしょうか?これまでを思い起こし、相談者さんが感じることだけでなく、妻の身になって考えてみても欲しいと思います。

妻が他の誰にも話してこなかった苦しい胸の内を、相談者さんに打ち明け涙した、そこまで信頼され心を開いてくれていたのに、一体どうしたのでしょうね・・・

それとですが、お互いが相手に求めていた関係性にズレがあったのではとも思うのです。妻が相談者さんに求めていたこと、相談者さんが妻が求めていると思っていたこと、その逆も同じようにですが、そこのズレが一緒に生活していくにしたがって、段々大きくなってきてしまい、今の状況になってしまったのではとも思うのです。

相談者さんが妻に、せめてスキンシップだけでもと望む切ない気持ちはわかりますが、焦らずに、これまでの関係性を振り返り、何らかの妻の気持ちに気が付き、相談者さん自身が何かを改める必要があるのかもしれません。

交際していた頃や、妻が過去の痛みを話してくれた頃、その頃の自分は、どんなだったのか、どんなふうに妻のことを想い接してきたのか、原点に立ち戻って考えてみることも、何か大事なことに気付けるかもしれないですから、心を静めて行ってみて欲しいですね。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次