【お悩み相談】彼女の過去のトラウマと私の苦悩:触れたいけど触れられない、この辛さをどう乗り越える?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

彼女の過去のトラウマと私の苦悩

気になることがありました。実は前の結婚生活の時に、彼女が義理の兄に性的嫌がらせをされていたという話を、一緒に住む前に聞きました。本番は無く、マスターベーションの道具にされたようです。

それを聞いてからもスキンシップが無くなったわけではありませんが、やはり一緒に住んでから変わりました。私は一緒にいると触れてしまいたくなるので、寝室を別にせざるを得なくなりました。家にいるのが非常に苦痛になりました。

触れないように、考えないようにしようと思っても、やはり体は反応してしまいます。マスターベーションだけでは悲しいです。ちょっとした行動で「どすけべの変態」なんて言われたくは無いですから、私が必死に押さえて我慢するしか無いですね。

彼女にとってその体験は恐怖でしか無かったでしょう。聞いていてこちらも辛くなりましてね。癒されたいって思ってはいけないんでしょうが、辛すぎます。かと言って風俗に行ったりセフレを作るのも嫌ですし。

恋人・夫婦仲相談所さんへの相談

このような状況で、どうすれば良いのかアドバイスをいただけると助かります。

ご相談への回答

夫婦関係の改善に向けて

こんにちは、相談者さん。

妻が性的嫌がらせを受けていたという辛い体験を、相談者さんだけに打ち明けてくれたこと、そしてその時に二人で涙したことを以前にも伺いました。そのことが要因かもしれませんが、妻は相談者さんにその辛い体験を打ち明け、癒しを求めてきたのだと思います。この人ならと思って今に至ると、そう受け取っています。

ですので、その辛い体験だけが今の状況を引き起こしているのではなく、やはり相談者さんとの関係においての何か、もしくは妻が抱えてしまっている何か、それらの解消が必要なのだと思います。

前回もお伝えしましたが、妻の話を聴いてあげる、冷静な話し合いをしてみる、それらを行ってみたでしょうか?相談者さんが辛い想いをされ、なんとか解決したいという気持ちはよく伝わってきますが、少し自分本位になっているような気もします。

実は妻が辛い、癒してもらえると思って心を開いた男性、その相談者さんに癒してもらえない…そんなふうに思ってしまったり、思わせてしまったりというようなことがあったのかもしれません。

以前にもお伝えしたことですが、妻は相談者さんだけに辛い過去の体験を打ち明けるほど心を開いていた、それゆえに今の二人の絆が生まれた。そのことは確かなことですよね?そして夫婦になったという事実があるのですから。

そんな事実があったのに、今は妻が相談者さんを受け入れようとしてくれない、なぜでしょう?妻の内で何が起こったのでしょう?

妻が気まぐれや気分や、もしくは心開いたように見せかけただけ、それなら話は変わってきますが、そうでなければ、相談者さんとの生活の中で何かがあり心の変化を起こしたと思うのです。そこを考えてみなければ、けして解決へと進まないことでしょう。

僕は妻の話を聴くことができませんので、推測でしかありませんが、相談者さんが気付くべく何か、妻が受け入れがたい何かがあるとか、これまでにしてしまっていると思うのです。

まず話し合いましょう。話を聴いてあげましょう。そして感謝の言葉を伝えましょう。それが解決への一歩になるはずですから。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次