【お悩み相談】失恋と失業が重なって、本当にツライです – 結婚を望む私の絶望的な気持ち

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

失恋と失業が重なって、本当にツライです

いつもありがとうございます。12月の失恋で落ち込んでいる中、昨日失業が決まりました。前の転職では半年もかかりました。それを考えると、すごく怖いです。

心の支えがなくて不安です

私は何かあると恋人に相談したり、恋人を心の支えにしてきました。心の支えもない中、また大変な日々が始まるかと思うと、本当にツライです。

結婚を望んでいます

私は正直、仕事よりも結婚を望んでいます。両親もそうです。最近ずっと婚活を頑張ってきましたが、なかなか成果も出ずに、疲れてきていたところです。

仕事と婚活の両立が難しい

恋愛は疲れたら少し休むこともできるかもしれませんが、仕事はそういう訳にもいきません。一人暮らしをしているので、すぐにでも働ける所を探さないといけません。

自分の時間を持てる仕事が理想です

私は仕事をバリバリというタイプではないので、とりあえずお金よりも自分の時間を持てるような仕事をして、結婚後は働きながら家事や育児を両立できるような仕事がいいと思っていました。

絶望的な気持ちです

仕事よりも結婚を優先させたい気持ちがあります。でも実際生活するためには働かないといけないし、絶望的です。

両方の活動を頑張るつもりです

とりあえずは、婚活を続けながら就活をするつもりですが、こんなことが続いていて、とことん落ち込みます。本当に私はいろいろなことにおいて、運が悪いと感じてしまいます。

失恋も失業も仕方ないけれど

失恋も失業も仕方ないことですが、なんで今なのかと思ってしまいます。去年の終わりに失恋もして、2014年は気持ちも切り替えて頑張ろうと思っていたので、ショックでした。

就活がジャマです

人に相談すると、もちろんまず就活と言われますが、私にとって大事なのは仕事じゃありません。平凡な夢ですが、普通に結婚して家族を持つことが私と親の希望です。

どうして今なのかと悔しいです

生きていくため仕事が大事なのはわかりますが、どうして今なのかと、すごく悔しいです。私にとっては就活がジャマです。婚活一本でも大変なのに、就活なんて考えたくもないくらいです。

両方の活動を頑張ります

疲れてしまうかもしれませんけど、とりあえず両方の活動を頑張ってみようと思います。本当にツライです。

ご相談への回答

失業と結婚に対する不安について

こんにちは、Angelaです。

失業も重なってしまったのですね。私も失業して次がなかなか決まらなかった経験があるので、不安な気持ちはわかります。わかっていてもどうしようもない気持ちになりますよね。「自分ばっかり何故運が悪いんだろう」ってなるのも経験あります。

ただ、そんなところに申し訳ないのですが、あえて厳しいことを言わせて頂きます。相談者さんが望むような「普通の結婚」というのがどの程度を指しているのかはわかりませんが、社会情勢の変化によって今後は「夫がメインで働き、妻が子育てをしながらパート」という家族形態を叶えることの出来る男性が減るという統計が出ています。

そして、男性の側も「自立している女性」を求める傾向が強くなっているようです。「仕事をバリバリやらずに結婚したい」という女性を見て敬遠している男性も増えています。「結婚したい」という気持ち自体は間違っているものとは思いませんが、これから「結婚のために出会いを探そう」という段階で、そういう気持ちを持っていると男性も身構えてしまうのではないかと思うのです。

就職活動と婚活の両立について

就職活動も続けるお気持ちはお持ちとのことですが、採用面接官というのは、色々な人を見てきているプロですから「ああ、この人(相談者さん)はそんなに仕事をやる気が無いのか」とすぐに見抜いてしまうと思います。今の気持ちのままでは、婚活も就活もどちらも上手く行かないのではと心配しています。

経済的なことも勿論ですが、今までの相談を拝見していますと、精神的に相手に寄りかかる傾向はありませんでしたか?それは絶対にいけないと言いたいのではないのです。以前のアドバイスにも書きましたが、一度立ち止まって過去の検証をすること、条件を整理することの意味は、自分の人生の軸を自分自身に戻すことが目的なんです。

自分だけで解決できない問題があった時に助けを求めるのは問題ないのです。ただ、最初から「誰か助けて」という生き方をしている人に救いの手を差し伸べたいと心から思う人はいないんです。もし、本当に結婚したいのであれば、しっかり就活もやって、自分の人生を愛して、日々を大切に過ごすこと。一見回り道に見えるかも知れませんが、これが実は一番近道ではないかと思います。

人生の軸を自分に戻すために

運は自分で引き寄せるもの。一生懸命取り組んだからと言って必ず結果につながるとは限りませんが、努力をしなければ絶対に結果はついてこないのです。望んでも叶わないかもしれない、それでも頑張って結果が付いてくることもあれば、叶わなくて泣いて、その先にあるものを見つけていく。それが人生ではないかと思うのです。

とは言っても、今は気持ちがついてこないと思うので、そんな時はとことん落ち込んでいいんです。一人の時は、沢山泣いてもいい。今は、私が上でお伝えしたことは入ってこないでしょうし、納得も出来ないかもしれません。それでも、いつか立ち直れた時に、検証の材料になれたら…という思いでいます。

「夜明け前が一番暗い」-私が落ち込んでいた時に言われた言葉です。相談者さんも、今がその時期じゃないかなと思います。今は最低限のことをやって、いつか来る日のためにエネルギーを少しずつチャージしてほしいなと思っています。

梅の花が咲き始めましたね。桜の花が満開になる頃には、望む未来を手にされていることを、私も遠くから祈っています。今回は、厳しいことを書きましたが、もしまた何かあれば、いつでもいらして下さいね。応援しています。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次