【お悩み相談】「収入に関する話し合いが怖い…どうすれば夫のプライドを傷つけずに話せる?」

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

7日間無料おためし実施中

ご相談内容

恋人・夫婦仲相談所さん、アドバイスありがとうございました

最近、突然涙が出ることが増えて限界間近でした。コメントやアドバイスを頂いて大分救われました。

主人の実家や友人とバーベキューや夕食を共にする機会が重なり、「来年は~しようよ」とか先々の話題が出る度に(周囲は離婚問題を知っています)、主人は無言で表情が曇り、私は明るく「楽しみ」とか言いつつ凹みっぱなしでした(ーー;)。

『穏やかな家庭』を目指しつつも分からず、私が話をしても『興味無いでしょ』と思うと会話もおっくうになり、どうせ静かにしていて欲しいなら黙っていようと思い過ごして来ました。

これから『思いやり』が『穏やか』に繋がると考え方を切り替えてみます。互いに我慢して表面だけ上手くいっても仕方無いですもんね(´`;)。

家計の問題と仕事の選び方について

実は、もう1つ相談があります。私は離婚問題をきっかけに仕事を辞めました(パートでしたし、何よりも家庭を守りたかったので)。家計的には主人のお給料だけでは、とても暮らしていけません。ボーナスを各月に振り分けてギリギリ何とか‥といった状態です。

主人には付き合いが有るので、お金はソレを優先にし、私は使ってません。勿論、今まで好き勝手やっていた結果ですし朝早くから頑張って主人が稼いでくれたお金を大切にしたいので我慢は苦では有りません。が、主人まで自由になるお金が減り申し訳無い気持ちも有ります。主人は『俺の稼ぎが無いから、ホント嫌になる』と言っています。

私としては仕事を探して家計を安定させたいと思っています。が資格を活かそうとすると夜遅くまでの勤務になり離婚のキッカケになった家事(特に夕食)は出来なくなります。家事優先で時間を短くすればレジや工場などのアルバイト。それでも主人との未来が有るなら我慢も出来ますが、もし離婚したらアルバイトで生活はできないので再び就活となるでしょう。

こんな時代だし、だったら『どちらに転んでも良い仕事に‥』と思ったりしますがそんな言葉は主人には言えません‥。主人も未来に責任が持てる心境では無い(気持ちは戻らないと思うとか、戻らなければ無理とか言ってました)ので私が『相談』した所で答えられない気もします。

収入に関する話し合いの方法

一体どんな風に言えば収入に関するプライドを傷つける事も無く、前向きに2人の暮らしについての話し合いができるのでしょうか?話し合いをする度に離婚がチラチラ出て暗くなるので精神的に参ってしまう事が殆どです‥。

ご相談への回答

これからの生活の仕方について

こんにちは、相談者さん。少し元気になられたようで安心しました。夫が「来年」など将来の話題に敏感になっているようですが、気にしない方がいいですよ!来年も一緒に楽しめるように頑張ろうと、自分への前向きなエネルギーに変えていけばいいと思います。

家計の見直しについて

さて、家計の話ですが、以前も一度ご相談いただいていましたね。男性にとって家計の話は自分の稼ぎに直結し、イコール自分の能力の高さ(あるいは低さ)につながるイメージを持っています。そのため、感情的になったり、プライドが傷つくのを避けるために現実の直視を避ける傾向があります。上手に、ポジティブに話を持ちかける必要があると思います。

家計の現状把握

相談者さんがパートをやめられてから約3ヶ月ぐらい経ったかと思いますが、その間の家計はどうでしたか?1円単位まできっちり把握されていないとしても、ある程度の入金と出金の量は把握できていらっしゃいますでしょうか?

出金については、ガス、水道などの光熱費、携帯代、新聞代などの情報関連の支出は毎月の請求書や明細書でわかるかなと思います。また、ローンや家賃、生命保険料などは口座引き落としか給与から天引きなどになっていることが多いと思うので、詳細はともかく、金額は確認できると思います。まずは、この辺の、どうしても毎月大体決まった額で出ていく「固定費」のボリュームを把握してみましょう。

次にはいわゆる生活費。すべてを把握するのは大変ですので、夫が買ったり、レシートをもらえない物はとりあえずスルーして、手元に1ヶ月買い物したもの(食材でも衛生用品でも服でも)のレシートを一度貯めてみてはいかがでしょうか?もちろん、旅行に行くとか、スーツなど価格帯が高い服を買うとかによって月ごとに変動はあると思いますが、ざっくり、生活費が何万ぐらいなのかはイメージできると思います。

夫との話し合いのポイント

夫と話し合う前に、まずは最低限このぐらいの準備は必要かと思います(もちろん、もっと細かくできればさらに効果的です)。男性は数字をそろえて理詰めで説明した方が理解してくれやすいです。女性は、はっきり数字を突き付けるより、何となく足りないことをソフトに伝えた方がいいかな、と遠慮してしまうところがあるのですが、男性にとっては明快な数字の方が、反論する際もしやすく、また納得もしやすい傾向があります。

そして話し合いを持ちかけるトーンとしては「足りない」を前提にすると男性のプライドが傷つきますので、「家計の無駄を見直ししたいと思う」という風に持ちかけ、一緒に出費の状況を確認していけると、抵抗が少ないかもしれません。数字を明らかにすることで「やりくりの仕方が悪い」など妻を非難する言葉も出てくるかもしれませんが、それは収入が少ないことへの劣等感の裏返しの強がりだと大らかに受け止め、「そうね。だからこうして一緒に無駄を確認できると、助かるわ」とさらりと受け流しておきましょう。

具体的な節約方法

そして、生命保険の見直しや生活スタイル(外食など)の見直しを一緒に検討してみてください。食費を●円にする、という目標を具体的に立ててみてもいいでしょう。その際に出費が減って生活が楽になる(=今が苦しい)という感じではなく、「無駄が省けて得したね!この分を貯めておいて●●に旅行に行こうか」とか「○○を買う資金にできるかも」とか「お得」「良かった」という感じで、実際には貯金や他の必要経費に補填するとしても、何かそれを楽しいことに使えるかも、といった話をすることも効果的でしょう。男性にとって、節約=わびしい、という気持ちを持ちがちなので、節約=お得、という雰囲気で節約した結果●ができる、という具体的な「ご褒美」を設定してあげることで、ゲーム的感覚で気楽に進められると思います。

夫を上手に扱うための知恵

まずはそこまで現在の家計を検証することで、夫が「確かに足りない」「妻にも働いてもらった方がいい」「自分の付き合いの出費を減らそう」などと思ってくれるように誘導してみてはいかがでしょう。その方がパートにしろフルタイムにしろ、納得してくれやすいです。どういう働き方にするかは、その後のお話し合いで決めればいいと思います。

手間がかかりますが、夫を上手に扱うにはこのぐらいの知恵が必要です(笑)。ぜひ、明るく頑張ってみてくださいね。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次