【お悩み相談】同棲後のセックスレスに悩む私、結婚を待つべき?

目次

恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのお悩みにお答えします

トキメキは恋人・夫婦仲相談所のオウンドメディアです。恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとの関係や性に関するお悩みに認定カウンセラーがお答えしています。

ここではこれまでに恋人・夫婦仲相談所に寄せられたお悩みをご紹介します。同じようなお悩みを持つ皆さまの一助になれば幸いです。

※個人の特定を避けるために匿名性を持って、ご相談時期等もずらしてご紹介しています。

ご相談内容

入籍予定の彼とのセックスの悩み

もうすぐ入籍予定の彼のことですが、11月から同棲をはじめました。それまでは毎週末会うたびにセックスがありましたが、一緒に住み始めてからキスはあるものの、なかなか行為にいたりません。

愛してるという言葉も最近なくなってしまいました。この時期、彼は仕事が忙しく精神的にかなりまいっているのはわかりますが、帰ってきてご飯を食べお酒を飲んだらもうぐったりで、あとは寝るだけという生活です。

結婚後も続くなら結婚しない方が良い?

疲れているのはよくわかるし、負担をかけたくないので仕事の愚痴を聞いてあげて、あとはそっとしておきます。ただ、こんな感じでいったらセックスレスになって子供も望めず、スキンシップもなくなっていくのではと思い、そんなふうになるなら結婚しないほうがいいのではとも思うようになってしまいました。

ちなみに彼は38歳、自己中心的で気分屋なところがあります。私の体に興味がなくなってしまったのか、それとも春になったら仕事も落ち着くのでまた以前のように愛してくれるのでしょうか。なんだか納得いかないまま入籍するのは待ったほうがいいのでしょうか。

ご相談への回答

セックスレスについて

相談者さん、こんにちは。

確かに、相談者さんの心配する気持ちはよくわかります。理想的な夫婦として生活するには、日本の男性はあまりに忙しすぎますし、夫婦単位で行動する機会が少なすぎるように思います。

とは言え、彼の気持ちとしては、相談者さんがそんなことを考えているなんて、夢にも思わなかった、というところではないでしょうか。私の印象では、いくら彼女のことが大切でも、それとは別枠で仕事は男性にとって非常に大切なもの、しかも両方いっぺんに考えることは女性と違ってとても難しいようです。

うちのドイツ人の夫でさえもそうです。仕事で大切なことがあると、頭から離れないようで、食事中でもぼーっとしています。「何を考えてるの?」と訊くと、だいたいそういう事情で、「仕事のことを君に話してもわからないだろ」と言われます。その通りです。

彼がとてもストレスを溜めているときには、当然心を全部そちらの方に奪われているので、セックスなんかする余裕がないみたいです。私にできるのは、せめて家を居心地よくしてあげること、話をできるだけ聞いてあげることだなあ、と思います。夫の話では、話を聞いて、彼の意見を受け入れてあげるだけでも、ずいぶん心が安らぐそうです。

同棲して、二人の絆があることが当たり前になったので、彼は今は仕事に安心して熱中できる、とも言えるのではないでしょうか?ここに書いたのは、私の推測ですから、彼に直接きいてみてはいかがでしょうか?

彼のグチを聞いてあげられるのだから、会話する機会はたくさんありそうですね。彼のグチを聞いていて、そういう事情ならよくわかるわ、と思えるなら、その事情を改善する、その事情が変わるまで待つ、の方がいいと思います。

私は夫に直接、彼のために私には何ができるか、どんなことはして欲しくないか、訊きます。いくら彼が疲れていようとも、ストレスがあろうとも、相談者さんはいつでも自分の事をわかってくれている、愛してくれている、という確信が彼の方にあれば、大丈夫、状況が落ち着けば変わってくるでしょう。

いずれは、夫婦の時間、夫婦の会話が持てるように、生活そのものを見直さなくてはいけない時期も来るかもしれませんね。

パートナーとのお悩みは恋人・夫婦仲相談所へご相談ください

恋人・夫婦仲相談所ではパートナーとのセックスをはじめとする関係改善に向けた情報発信と相談受付を行っています。「誰かに相談したいけど誰に相談したらいいのか分からない」「パートナ―との関係に悩んでいる」など、解決に向けたきっかけが欲しい方は、匿名で悩みを投稿できる「トキメキ相談室」へ、ぜひお気軽に投稿してください。恋人・夫婦仲の専門家が皆さまのご相談にお答えいたします。

7日間無料おためし実施中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次