【妻にセックスを拒否されて辛い男性必見】セックスレスを改善するための対処法

  • 妻からセックスを拒否されてつらい
  • どうしてセックスレスになってしまったの?
  • セックスレスを改善するためにはどうしたらいいの?

今回はこのような悩みを解決します。

セックスレスで悩み、関係が悪化していく夫婦は多いです。

当記事を読めば、セックスレス改善に向けての対策を知ることができ、妻との関係を新婚時代のように良好にすることが可能になるでしょう。

妻とのセックスレス改善に向けて当記事を最後まで読み、是非これからの生活に取り入れてください。

目次

セックスレスとは

セックスレスとは、特別な事情がないにもかかわらず、1ヵ月以上合意での性行為やセクシャルコンタクトがないことと日本性科学会で定義されています。

セクシャルコンタクトには、キス・ペッティング(性的な愛撫)・裸でのベットインなどが含まれています。

1ヵ月を長いと取るか、短いと取るかは個人差があると思います。

性欲は人それぞれ、夫婦で差があることは仕方のないことです。しかし、その差が夫婦の溝となり悩みにつながっている場合も少なくはありません。

セックスレスが辛くて悩む男性は多い

セックスレスでの悩みは男女ともにあります。

総合医療品メーカーのジェクス株式会社が日本家族計画協会家族計画研究センターに依頼して行われた、ジェクス・ジャパン・セックスサーベイ2020よの調査結果により夫婦の6割がセックスレスという衝撃的な結果が明らかになっています。

(出典:ジェクス ジャパンセックスサーベイ2020)

さらに、レゾンデートル株式会社による夫婦のセックスレスにかかわる実態調査でレス当事者635人へのアンケート結果では、妻がセックスを拒否している場合が多いというデータが出ています。

これらの結果から、世の中の夫婦は一見仲睦まじいようで、実はセックスについての問題を抱えていることがわかり、セックスレスで悩む男性は多いことが分かるでしょう。

たかが、セックスレスと考えている人もいるかもしれませんが、セックスレスを放置するとあなたの心はどんどんパートナーから離れていき、夫婦関係の悪化を招くことになります。

セックスは相手がいてこそできること。

では、なぜ妻はセックスを拒否するのでしょうか?

次の項目で妻がセックスを拒否する原因を解説していきます。

妻の気持ちが理解できれば、セックスレス改善の糸口が見つかるはずです。

セックスを拒否する妻の理由

妻がセックスを拒否する理由は主に下記の8つと考えられます。

  1. 夫婦関係の変化
  2. 夫への気持ちが冷めた
  3. 性欲が減退した
  4. セックスが苦痛になった
  5. 自分の自由時間がほしい
  6. 産後で気分がのらない
  7. 更年期障害のため
  8. 仕事・家事・育児で疲れている

あなたは、なぜ妻からセックスを拒否されているのか理由を考えたことはありますか?

セックスを拒否するという行為の裏側には様々な理由が隠されています。

『今日は疲れているだけだろう』と単に考えるのではなく、妻との関係をよりよくするために妻の行動の裏に隠されている本当のメッセージを読み取りましょう。

夫婦関係の変化

子供ができたり夫婦関係に変化があると、妻は夫を以前のように性の対象ではなく家族や父親として見るようになり、性的な接触を拒否する場合があります。

性的対象に見れなくなるのは、男性側にも起こりえる事態です。

妻に夫婦として過ごしていくうちに、どのような心理的変化が起こったのかを、日々のコミュニケーションの中でさりげなく聞いてみるのもよいでしょう。

夫への気持ちが冷めた

夫との気持ちが冷めたためセックスを拒否している場合もあります。

この場合、気持ちが冷めてしまった原因の特定が大切です。

女性の場合、口には出さないが不満が積み重なっているときがあります。

例えば、家庭を顧みず趣味・仕事に没頭していたや妻への冷たい態度、つらく苦しいときに支えになってくれなかった、義両親とのトラブルの際に味方になってくれなかったなどあなたが思い当たることが必ずあると思います。

妻との関係回復のために、自身の行いを振り返る機会をつくるのもおすすめです。

性欲が減退した

女性は様々な理由で性欲が減退してしまいます。妻がセックスを拒否するのはそういった理由からかもしれません。

女性は、出産や閉経でエストロゲンが減少し性欲が減退することが分かっています。

また、病気や薬の副作用・ストレスなどの影響も性欲減退の原因となるので、妻の体調やストレスの状況をコミュニケーションをとって把握するのもよいでしょう。

セックスが苦痛になった

妻は、セックスが苦痛で拒否している場合もあります。

セックスが苦痛になる理由は、夫への気持ちが冷めたことや、性欲の減退・性交時痛などです。

まずは、セックスが苦痛になっている原因を特定することが重要になります。妻にプレッシャーを与えないように配慮しつつ、セックスが苦痛に感じる原因を聞いてみるのもよいでしょう。

自分の自由時間が欲しい

日々、子育て・仕事・家事に追われている女性の場合、自分の自由な時間がほしいためセックスを拒否している可能性もあります。

誰だって自分がゆっくりする時間、趣味を楽しむ時間は必要です。

子どもが寝て、やっとつくれた自分の時間はセックスのためではなく、自分の休息に使いたいと思う妻の気持ちは普通のことです。

妻が自分の時間をもちつつ、さらに夫婦の時間をもてるように積極的に家庭の仕事を引き受けるのもよいでしょう。

産後で気分が乗らない

産後はエストロゲンの影響によって性欲が減退する傾向にあり、気分が乗らずセックスを拒否しているかもしれません。

妻は出産の疲労が癒えないまま、子育てがはじまり疲労困憊になっている可能性もあるでしょう。また、産後1ヵ月ほどは性行為を控えるように産婦人科からいわれます。

産後の女性は身体的にも精神的にも変化し負担が大きいです。 産後のセックスの再開のタイミングは妻にゆだねるという形もよいでしょう。

性行為だけに執着するのではなく、相手を思いやりながら夫婦で子育てを楽しむことで、妻はさらにあなたへの愛が深まり自然とセックスの再開につながるでしょう。

更年期障害のため

更年期障害とは、女性が閉経を迎える前後10年に起こる様々な変化をいいます。

閉経は50歳前後で起こるとされており、45歳から55歳ごろにかけて更年期障害の症状が現れることが多いです。

主な症状は、自律神経失調症状(動悸・疲れ・頭痛・のぼせ・めまいなど)、精神神経症状(情緒不安定・気分が沈む・恐怖感)、食欲不振、性交時障害、排尿障害、外陰部違和感などがいわれています。症状は個人差があるため、妻にどんな症状が現れているのか聞いてみるのも良いでしょう。

仕事・家事・育児で疲れている

妻は日々の仕事・家事・育児で疲れきっており、セックスをする余裕がないため拒否している可能性があります。

現代では共働きが一般的となっています。共働きといっても、妻が担う家事や育児の負担は男性よりも大きい場合が多いです。

仕事でも家庭でも働き詰めでは誰だって疲れてしまいます。疲労困憊ではセックスをしようという気も起こらないでしょう。

セックスを迫る前にまず、妻に育児や家事の負担がかかりすぎていないか、疲れていないかを気にかけてみてください。

妻がセックスを拒否する理由はよく理解できたと思います。

では、セックスを断られることで世の男性はどんな心理になるのでしょうか、自身が感じる気持ちと比較してみるのも良いでしょう。

セックスを断られた時の夫の心理

セックスを断られた夫は下記のように感じることが多いです。

  • 妻へ不信感を抱く
  • 男性としての自信喪失
  • 欲求不満でストレスが溜まる
  • 仕事・家事・育児へのやる気が減退

それぞれの心理を詳しく解説していきます。

妻への不信感を抱く

妻にセックスを断られた男性は、妻への不信感を抱く場合があります。

こんなに、自分は妻を愛しているのに妻はそうじゃないのかもしれないと思ったり、妻の浮気を疑う場合もあるでしょう。

妻への不信感が募っていくと、家族のために頑張る意欲もそがれていき家族との関係も悪化していく可能性があります。

男性としての自信喪失

妻にセックスを断られることによって、夫は男としての自信を喪失してしまうこともあります。

以前よりも自分に魅力がなくなってしまったからセックスを断られるのだと思ったり、妻にも認めてもらえないダメな男なんだと思ってしまうこともあります。

家庭での男としての自信喪失は、仕事やその他の社会での自信喪失につながる可能性もあるでしょう。

欲求不満でストレスが溜まる

セックスを断られることで、性欲が発散できず欲求不満でストレスが溜まっていくひとも多いです。

性欲は人間の三大欲求の一つ、自分の意志でコントロールするのも限界があります。

中には不倫に走る男性もいますが、不倫は妻や家族との関係を完全に壊す行為です。不倫という選択をしないためにもセックスレス改善へ向けて妻と向き合えると良いでしょう。

仕事・家事・育児へのやる気が減退

セックスレスの場合、不信感が募ることで妻への愛情や感謝が薄れて仕事や家事・育児へのやる気が起こらなくなってしまうことも多くあります。

自分のことを拒否する相手のために、何かをしてあげようとはなかなか思えなくなり、夫婦関係、家族関係が悪化し最悪の場合離婚となる可能性があります。

セックスレスがもたらす影響

セックスレスは、単にセックスやその他のスキンシップがないだけにはとどまりません。

放って置くと、夫婦のすれ違いから関係の悪化を起こす可能性があります。

夫婦関係の悪化が進行すると、離婚になってしまうかもしれません。

また、離婚はしないが夫婦仲は最悪な仮面夫婦が出来上がってしまう場合もあります。

せっかく、愛し合い結婚し家族として過ごして行くのならば、仲のいい素敵な夫婦・家庭でありたいですよね。

そんなあなたのために次の項目では、セックスレスを改善するための対処法を紹介します。

セックスレスを改善するための7つの対処法

セックスレスを改善するための対処法は下記の7つです

  1. 自分の行いを振り返る
  2. 夫婦の時間を大切にする
  3. 妻とのコミュニケーションをとる
  4. 妻とスキンシップを取る
  5. 妻にこまめに愛・感謝を伝える
  6. 家事・育児を積極的にする
  7. 夫婦でセックスレスについて話し合う

具体的にどのようなことを行えばよいのか解説していきます。

自分の行いを振り返る

まず、今までの自分の行いを振り返ってみましょう。

今までのあなたは妻に寄り添った態度を取れていたでしょうか、また家庭を顧みず仕事や趣味に没頭していたことはなかったでしょうか。

他にも、妻に対して否定的な言動をしたことはなかったでしょうか。

妻と溝ができるきっかけになったことがないかよく振り返ってみるとよいです。

普段の会話の中でさりげなく聞いてみるのもおすすめ。

注意してほしいのは、妻への聞き方です。責めるように聞いてしまっては妻が委縮してしまい、あなたへの嫌悪感が増すばかり、あくまでもさりげなく聞きましょう。

夫婦の時間を大切にする

セックスレスを改善するには、まず夫婦の時間づくりから始めると良いです。

セックスを迫られてきた妻側からすれば、夫と二人きりになること自体をプレッシャーに感じて避けたがる場合があります。

まずは、夫婦の時間を過ごしたいと妻に伝えるのがおすすめです。そうすることにより、妻はセックスを迫られないと安心することができ、あなたとリラックスして過ごすことができるでしょう。

一旦セックスのことは忘れて、一緒にテレビをみたり、共通の趣味を楽しんだりしてください。

妻とのコミュニケーションを取る

夫婦の時間を大切にすることで、自然と妻との会話も増えるでしょう。

女性は話すことが好きな場合が多いです。聞き手にまわってあげると、妻のストレス発散にもなり、いつもイライラしている妻にも余裕が出てくるかもしれません。

最初はぎこちなくても、あなたが積極的にコミュニケーションを取っていくことで少しづついろいろなことを話してくれるようになるでしょう。

妻とコミュニケーションを取れれば、妻が何で悩んでいるのか、あなたに何を求めているのかを知ることができます。原因や改善点を見つけられれば、妻とのセックスレス解消へ近づけます。

妻とスキンシップを取る

妻とコミュニケーションが取れてきたら、スキンシップを増やしてみましょう。

急に体を触られると反射的に拒否してしまう場合もあるので、妻にスキンシップを取りたいことを事前に伝え、了承してもらえたら行うと良いでしょう。

ここで注意してほしいのが、無理やりスキンシップをしないことです。

無理やりスキンシップを取られると、気持ち悪いと思われたり嫌悪感を抱かれてしまいます。妻からの愛を取り戻したいのに、嫌われてしまっては元も子もないですよね。

スキンシップは自分よがりではなく、相手に合わせるように行っていくのがおすすめです。

妻にこまめに愛・感謝を伝える

妻にこまめに愛や感謝を伝えるのも非常に効果的です。

愛や感謝を伝えられて嫌な気持ちになる人はいないですよね。

言葉で伝えるのが照れくさい場合は、メールを送ったり、手紙を書いてみるのも良いでしょう。特別な日にプレゼントを贈ると妻は愛されていると感じられて、あなたへの愛も深くなること間違いなしです。

また、妻は感謝されることで自分の頑張りが報われた気持ちにもなり、より家族のために頑張れるようにもなるでしょう。

家事・育児を積極的にする

家事・育児を積極的に行い妻の負担を軽減してあげることも効果的です。

妻自身も本当はあなたとセックスがしたいけれど、家事・育児にストレスや疲れを感じすぎてできないという場合もあります。そういった場合は、負担を軽減してあげれば自然とセックスが再開するでしょう。

そういった場合ではなくても、家事や育児を積極的に行い家庭を大切にしてくれるあなたに愛と感謝の気持ちが強まり、セックスが再開する可能性が高まっていきます。

夫婦でセックスレスについて話し合う

夫婦でセックスレスについて話し合うのも大切です。

男性側がセックスレスと思っていても、妻側はそうは思ってない場合があります。

あなたが、妻とセックスをしたいことを伝えてみましょう。

ここで注意してほしいのが、自分の気持ちばかり話さないことです。妻の気持ちやセックスを拒否する理由をよく聞きましょう。

一度の話し合いで解決しなくても、話し合いを重ねて2人が納得する答えを出せるまで向き合ってみてください。

改善や工夫を重ねることできっとセックスレスを解消できるでしょう。

【まとめ】夫婦愛を取り戻してセックスレスを解消しよう

セックスレスは、多くの夫婦が抱える問題です。セックスレスをどう乗り越えられるかが今後の夫婦の行く末を左右するといっても過言ではありません。

レスを解消するためには、セックスをするということばかり考えるのではなく、妻がどうして拒否をするのか、妻の気持ちに向き合うことが大切です。

妻の気持ちを取り返すためにも、自分の行いを振り返って改善していきましょう。

きっと妻は、あなたが変わってくれたと感じた場合、自分も変わろう、あなたの気持ちに応えようと思うはずです。

妻との関係改善に向けて、小さなことから少しづつ始めてみてください。

また恋人・夫婦仲相談所では、パートナーとの関係改善に関する情報発信と相談受付を行なっております。誰かに相談したい、解決に向けてきっかけがほしい方は、ぜひ匿名でお悩みを投稿できる「みんなの掲示板」へお気軽に投稿してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人・夫婦仲相談所の編集部。

周囲に相談しづらい夫婦や恋人間のお悩み解決に向けた情報発信をテーマにしています。専門家監修のもと役に立つ情報発信をしてまいります。

目次