美容・健康

映画「おしえて!ドクター・ルース」にジンジン

アメリカで超有名なセックスセラピスト、ドクター・ルース。
なんと90歳で現役。

ドクター・ルースの映画を観て、刺激を受けました。

ドイツで家族を失い、孤独と向き合い、苦難を乗り越える。
アメリカでシングルマザーになって子供を育てる。
40代で大学で博士号を取得。

これだけで、スーパーウーマンの印象です。

三度の結婚、という点で『堂々再婚』という本を書いた私は
うれしくなっていました♪

孤独も 離婚も 金欠も 踏ん張れば乗り越えられる。

常にスマイルで
「食べてる?」
と話しかける。

そうか、食と性は “命の源” だもの!

タブーとされてたエイズ問題に斬り込み、
LGBTの人たちの相談にも親身にのる。

壮大な性の問題から

「おとなのおもちゃ、彼女に使っていいですか」

的な
身近な疑問まで(^^)

幅広い知識で、全米の若者に支持されています。

お孫さんが

「小学校の性教育のクラスでおばあちゃんが来て……今でも立ち直れない」

と笑いながらおばあちゃんを誇る姿が印象的でした。

「セックスという言葉はもっとエモーショナルに言って」

など、
なんとおちゃめで楽しいドクター・ルース。

わたしもセクースカウンセリングのときは
エモーショナルに言葉を発するよう努力してゆきます!!

皆さんも、
映画「おしえて!ドクター・ルース」
の映画、
ぜひ観てくださいね。

ラストシーンの

○○○汁

という言葉は
抱腹絶倒。
英語でなんて発音するんでしょう。