グルメ

年に1回、「マイVIP」と食事をする機会をつくろう

家族以外で自分に強く影響を与えてくれる人は誰か、と考えたとき、あなたは何人思いつきますか?
高校の恩師とか、職場の部長とか、習い事の先生とか、あるいは十年来の親友とか……。たくさんはいなくても、きっとひとりは頭に浮かぶことでしょう。
ということは、その人は自分に関心を寄せてくれている人です。お互いの意思がつながっているからこそ、「この人が私にとってはVIPだ」と感じることができるのだと思います。
その人は、きっかけづくりには重要なキーパーソン。じっと見守っていてくれるタイプ、間違いそうになったら叱ってくれるタイプ、新しいことをどんどん教えてくれるタイプ。落ち込んでいたら勇気づけてくれるタイプ……。接し方は数あれど、自分で選んだ大切な人です。
それをそのままうやむやにしてはいけません。会う機会がめったにない場合は、疎遠になってしまう可能性もあります。そんなもったいないことをしては、きっかけを逃がします。
自分がマイVIPだと決めた人をつなぎ止め、一生すてきな関係を築く方法とは? それは、毎年1回、その人と同じ日に会うルールをつくることです。
1年後の自分は、どれだけ成長したのか? 顔つきや考え方はどう変わったのか? そういうことは、自分では絶対にわかるものではありません。信頼できる第三者に客観的に見てもらいましょう。
会社の不祥事とか、詐欺事件とか、産地偽装といったニュースを耳にすると、それをしでかした人は人生にメンターとも言えるマイVIPがいなかったんじゃないかと想像してしまいます。
叱ってもらうためにも褒めてもらうためにも、1年に1回は「会ってください」と、心の師であるマイVIPにお願いしましょう。