美容・健康

1週間でいいから、見た目をガラッと変えてみよう

『人は見た目が9割』(新潮新書)とはよく言ったもので、「人間を外見で判断してはいけない」というごもっともっぽい言い伝えをくつがえす威力がありました。

私も同感です。
やっぱり恋に落ちるのは、自分好みのルックスとファッションの異性。
映画では、美しいお嬢様がドロドロに汚れた服を着た3K(キツい・汚い・危険)男性と恋に落ちるというストーリーは定番なのですが、これは変化球です。
100パーセント、その汚い男性は超イケメンなので、顔立ちは服に勝ってしまうという事実もかいま見えます。

さて、顔立ちは大きく変えることはできませんが、第三者に与える印象は、ファッションや髪型、持ち物で大きく変わります。

顔はふつうの平安顔でも、きりっとしたメイクをして上質のスーツを着ると、キャリアウーマンになれるし、むちゃくちゃ意地悪そうなキツネ顔でも、目尻を下げるメークをして、ふわふわパステルトーンの服を着て、バッグにクマちゃんなどをぶらさげると、やさしそうな印象を与えることができます(やりすぎるとかわいぶりっ子と言われるので要注意)。

電車に乗ってぐるりと360度見回すと、同じスーツの男性でも職種が違うぞ、とわかります。

目立たないグレースーツでシャツは白、ネクタイも地味だと公務員や銀行系か?ウェストしぼりの変わった色のスーツで、短髪ヘアがツンツン立っていて、メガネのフレームがおしゃれ色だと広告代理店やIT企業か? 海外ブランドのさりげない自己主張スーツを着ていて、見た目が落ち着いていると商社系や外資系か?
本当は貯金をはたいて買ったゼニアのスーツを着ている無職男子かもしれないけれど、「おっ、むちゃ仕事できそう、英語しゃべれそう」と思わせるほどに、見た目はインパクトを与えるものだと思います。

ということは、自分も外見で印象がガラリと変わるはずです。

私は童顔系のため、「仕事ができる」という印象は0パーセントです。
会社経営をしていたころ、この童顔はむちゃくちゃ不利だと感じていました。

会社を始めた頃は、スーツをまったく持っていなくて、我が子の幼稚園と小学校の入学式に着た薄桃色のママアンサンブルが営業着。

これがまたしょぼい。
童顔のくせにマダム服なので、アンバランスといったらこのうえなし。
お客様の会社に行って名刺交換するときなど、「ほんまに社長さんかいな?? 専業主婦ちゃうの?? 参観日ファッション??」という視線がビシバシ刺さりました。

この頃から、私は「見た目」を変えようと意識し始め、髪を肩のラインで切ってストレートパーマにしました。
スーツも暗い色は好きではないので、渋めのグリーンやベージュに。
背は高くないので、スカートは膝上ミニ。

ママ用ぺったんこ靴をやめて、かかとの高い黒靴。
歩くときに「カツッカツッ」とこれみよがしに鳴るくらいでないと、仕事ができる女性には見えません。
わざわざ鳴らして歩くように心がけました。

姿勢も、鳩胸か!? と思えるくらいうしろに反って、自信たっぷりに立ちます。

童顔だろうと、仕事をとらなくては会社がつぶれてしまいます。
必死で「なんちゃってキャリアウーマンスタイル」に挑戦したわけです。

不思議なもので、外見が変わると自分もその気になります。
このとき、初めてコスプレの真実がわかりました。
なんちゃってキャリアウーマンスタイルで営業をすると、プレゼンも講演もスムーズに運ぶのです。
見積もりもスルルっと通る。

この嬉しさはなかなか文章では表せません。
今、その時代に取材を受けた新聞や『日経ウーマン』『アントレ』などの雑誌の記事を見てみると、たしかにいつもスーツ姿で胸を張って、偉そうに微笑んでいます。

外見といえば、私が主催する出会いパーティーでは、顔とは関係なく、地味な服より華やかな装いの女子が確実にモテます。

華やかにすると気分もあがるのでしょう。
いつもより自信が出て、ハイテンションになれるようです。

たかが服ですが、されど服。
気分が変わり、自信が持てるなら、どんどん外見をチェンジしてみましょう。